スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
幕末と明治の博物館
2013 / 04 / 01 ( Mon )
幕末と明治の博物館(茨城県東茨城郡大洗町)への行きかた

東京方面からは常磐高速道 友部ジャンクションで北関東自動車道
ひたちなか方面、水戸大洗インターチェンジより10分



明治天皇等身大御尊像


田中光顕が作成を依頼し、大正4年宮内省に奉献された。
幕末と明治の博物館の御尊像はこの模型より新たに鋳造され
昭和4年に完成した聖像殿に奉安された。
原型を縮尺したものが作られ、明治神宮に2体、下関の赤間神社に1体が
現存している。

御尊像が奉安されている聖像殿は像にくらべ比較的小さく
離れてみることは難しいと思われます。
壁には、来訪した皇室関係者の記録があり、平成天皇のお名前も
見受けられます。

収蔵品のうち剣(朝鮮王より大正天皇への献上品)



このほか水戸藩が建造した洋式帆船「旭日丸」の模型、桜田門外の変の模型
明治から昭和の教科書の展示もありました。
また明治天皇のコートも展示され提案したが想像していてよりも
小柄なことがわかります。
(一部の記録では166cmとありますが、
 コートの大きさから想像すると160cmぐらいかと思われます。)

明治天皇の時代(61歳崩御)
1852年 京都でご誕生
1853年 ペリー来航
1858年 安政の大獄
1867年 大政奉還、王政復古 
1868年 五箇条のご誓文、江戸を東京に、皇居を東京に移す。
    即位、元号を明治にする。
1869年 各大名藩地を天皇に奉還する
1871年 廃藩置県、散髪廃刀令
1872年 学制発布
1876年 西南戦争
1885年 伊藤博文 内閣総理大臣
1889年 大日本帝国憲法の公布
1890年 教育勅語 第1回帝国議会
1891年 ロシア皇太子大津にて暴漢に襲われる
1894年 日清戦争
1895年 下関条約、三国干渉
1900年 清国 義和団暴動
1902年 日英同盟
1904年 日露戦争
1905年 ポーツマス条約
1910年 日韓併合条約
1912年 崩御

昭和4年に設立された常陽明治記念館が
平成9年に「幕末と明治の博物館」になりました。

土佐藩出身の元宮内大臣 田中 光顕(たなか みつあき)伯爵が
明治天皇の聖像等を寄贈されたのが始まりとのこと。
明治維新の基を築きながらも内紛その他で日の目を見ることが
できなかった水戸藩に同情した。
私立の博物館としては日本屈指の歴史と伝統を持つ。

田中光顕
土佐藩 武市瑞山に師事、勤皇党に属し尊王攘夷運動に加わる。
中岡新太郎に兄事し、薩長同盟の斡旋に尽力、陸援隊を統率した。
維新政府では、岩倉具視の随員として欧米諸国を回る。
陸軍少将、元老院議官・警視総監・学習院長、宮内大臣
1907年伯爵

博物館の所在地は茨城県東茨城郡大洗町磯浜8231
財団法人常陽明治記念会

2013年のNHK大河ドラマは、2011年の東日本大震災への対応もあり
福島県会津若松に関係する幕末から明治の「八重の桜」です。
大河ドラマの会津若松に行くときに立ち寄るなんていいんじゃないかと
思います。

インターネットで面白い説がありました。
「謎多き明治天皇」―明治天皇すり替え説― 
孝明天皇の子どもである明治天皇は皇位継承の際、すり替えられた
というのである。(詳しくは中丸薫さんの本を買って見ていただきたい)
天皇家は南北朝動乱の後、代々北朝の流れをくんでいた。
そして、南朝は99代の後亀山天皇で絶えたとされており歴史上では
滅亡したことになっている。

しかし実は、南朝である後醍醐天皇の玄孫の更に孫くらいに当たる
人物に大室寅之祐という人物がおり、それを長州藩が育てており、
伊藤博文、桂小五郎などが担ぎ上げて天皇のすり替えを行ったというのである。

孝明天皇は中山慶子の間に睦仁親王をもうけたが、睦仁親王は女官たち
に囲まれて育ち神経がこまやかで気が弱かったとされている。
そして孝明天皇が崩御されると、睦仁親王は16歳で即位した。

しかし即位した人物は、身長180センチ体重、90キロの巨漢で、
側近と相撲を取り相手を投げ飛ばしていたと言われており、
女官と遊んでいた人物とはかなり違っていたといわれている。

また、田中光顕伯爵は「実は明治天皇は孝明天皇の皇子ではない。
睦仁親王は孝明天皇崩御と同時にただちに即位したとなっているが、
じつは、その睦仁親王は暗殺され、これにすり替わった明治天皇は
後醍醐天皇第11番目の息子、満良親王の御王孫で大室寅之祐である」
と証言している。

また、「中山忠能日記」によれば、1867年7月8日「新帝は学問所で
遊戯をして手に負傷した」とある。16歳にもなって女官達と遊ぶとは
あまりにも子ども過ぎて知能も遅れていたのではないか。

日記には、このあと宮中に侍医が呼ばれたこと、慶子が武士を使って
子どもほどもある仏像の包みを中山家に届けさせたことなどの不審な
記述が載っている。
スポンサーサイト
18:56:05 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大神社展がキッカケで神社を調べると・・・ | ホーム | グレートジャーニー遥かなる旅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3808-ec44e977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。