スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
色々な鴨 カモ かも
2013 / 03 / 27 ( Wed )
色々な「鴨・カモ・かも」を知りたくなりました。

やっぱり食べ物で鴨と言えば鴨南蛮(かもなんばん)
寒い日には暖まると思います。

この間お店で鴨南蛮を頼むとそばにするのかうどんにするのか
聞かれました。

 
馬居製麺 無添加無着色国産100% 鴨南蛮蕎麦  5食出汁付き馬居製麺 無添加無着色国産100% 鴨南蛮蕎麦 5食出汁付き
()
馬居製麺

商品詳細を見る


鴨南蛮は普通そばのようです。
そばではお腹を壊すことがあるので、このときはうどんにしました。
お腹が冷えて下痢気味になっていたのであったかくて優しい食べ物が
欲しかったです。

鴨が葱を背負ってくる
鴨鍋にネギを入れると臭みがとれて美味しくなる事から、いいことが
重なってやってくること。
また「鴨」は利用しやすい人を指すことから、食い物にしやすい人が
こちらの利益になる材料を持ってやって来ることもいう。
転じて、詐欺や悪質商法のターゲットを「カモ」と揶揄することがある。
y略して鴨葱とも言う。

従兄弟同士は鴨の味
いとこ同士の夫婦の仲はとても睦まじいということ。
いとこ、いとこ婚の項を参照。鴨が葱背負ってくる。

鴨について「カモにする」との言い方がある。
鴨は比較的捕まえやすい鳥なので、勝負事でくみしやすい相手、
だましやすい相手のことを「カモ」というようになったそうです。

住宅にある鴨居 JACKと英語の本から転載

日本住宅には開閉する障子の上に鴨居と呼ばれる横木がある。
「鴨居」は「鴨+居」で構成されます。
では「鴨」とは何んでしょうか。
かって、「鴨」とは水鳥の総称を言い、浮かぶ鳥を意味していました。
すなわち下の床と上の天井の間に浮いたようにある水平の木材(横木)です。

さらにあとの「居」ですが、これは人が潜る(くぐる)という意味がありました。
居はくぐるの意味があることから、鳥居にも使われ、ここをくぐって
神社の中に入るのです。

他の説では、「噛む(かむ)居」のこととしています。
鴨居は建具が倒れないように溝のある構造になっており、
これで支えているので、「噛む(かむ)居」-->「かむい」から
鴨居になった。この場合の「鴨」は当て字です。

なるほど、床に敷いてある敷居の「敷+居」に対して
「噛む+居」=鴨居は理屈が合っているように思えます。
「居」が付くのは鳥居と同様、やはり鴨居も敷居も「居=くぐる」
意味からでしょうか。

まだあります。家を火事から守るという意味合いから、
火をよけるように、水辺に住んでいる鴨の形をまねたものを、
鴨居のところに取り付けたということから「鴨居」と言うように
なったとも言われます。

by ウィッキペディア
鴨神社(かもじんじゃ)は、「鴨」を社名とする神社。

鴨神社(鴨社) (京都府京都市) - 賀茂神社(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)の総称の別称
鴨神社 (大阪府高槻市)
鴨神社 (兵庫県川西市)
鴨神社 (岡山県赤磐市)
鴨神社 (岡山県玉野市)
鴨神社 (岡山県浅口市鴨方町)
鴨神社 (岡山県加賀郡吉備中央町加茂川地区)
鴨神社 (山口県山陽小野田市)
鴨神社 (徳島県東みよし町)

高鴨神社  by もしも明日が
全国鴨(加茂)社の総本宮で、弥生中期(約3000年前)から
祭祀を行う日本最古の神社の一つ。
鴨一族の発祥の地、大和平野に御鎮座しておられます。
鴨族は山を支配し、薬草(薬を中心とする医療)・天体観測による暦
・製鉄・農耕技術・(交通手段の)馬術に優れていた。
また、この地から御所(ごせ)市へ移り葛木御歳神社・鴨都波神社を
祀り水稲生活をはじめたそうです。 
山伏修験の開祖=役行者は高賀茂氏の出身です。

 主祭神 阿治須岐高日子根命(あぢすきたかひこねのみこと)
=「迦毛大御神(かものおおみかみ)」と申され記紀(古事記・日本書紀)
の中での「大御神」の最高格の敬称で呼ばれるのは三神のみです。
 (迦毛大御神・天照大御神・伊邪那岐大御神)
「大御神」=最高格の敬称…死した神々おも甦らせる事ができる
御神力の強き神と伝えられています。
 迦毛大御神を祀る神社は全国約300社。
  主な神社 都々古別(つつこわけ)神社(福島県一宮)
       二荒山(ふたあらさん)神社(栃木県日光市)
       土佐神社(高知県一宮)
       秋葉神社(関東方面)

   上鴨社ー高鴨神社
   中鴨社ー葛木御歳(かつらぎみとし)神社
   下鴨社ー鴨都波(かもつば)神社


関東の鴨神社
 正称 鴨大神御子神主玉神社
 所在 茨城県西茨城郡岩瀬町
 祭神 太田田根子命 ほか

スポンサーサイト
22:26:33 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バックスペースキーとグーグルクローム | ホーム | かもの法則 脳を変える究極の理論>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3804-371ec27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。