スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「大和」とは何か 巨大戦艦にみるソフト学
2011 / 12 / 26 ( Mon )
日下 公人 三野 正洋 著

帯には
 戦艦「大和」は現代の日本か。
 自動車、ロボット、半導体で勝ち、情報通信も猛追中だが、世界は次の
 「金融時代」を作りつつある。
 いつも最終列車の日本は、金融恐慌の真っ只中、日本はいつも最終列車
 の日本は、仕上げでは勝つが、次のジャンプでまた負ける。
 大和のことを考えると、そんなことを思い出す。

 巨大戦艦の悲しい戦績
 史上最大兵器の意図と現実
 建造コンセプトの妥当性
 技術を育てるソフト発想力
 プロジェクト推進体制の点検
 インフラの充実と応用
 情勢を戦力化するセンス
 システムの正しい運用方法
 運命と評価に見る人間関係
 人間集団における個性
 トップマネージメントに必要な条件
 巨大プロジェクトの遺産
 海洋国家日本の課題


「大和」とは何か―巨大戦艦にみるソフト学「大和」とは何か―巨大戦艦にみるソフト学
(1999/05)
日下 公人、三野 正洋 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
22:47:22 | 歴史時代小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<人生にミラクルを起こす2つの方法 幸運はデザインできる | ホーム | 「坂の上の雲」に隠された歴史の真実 明治と昭和の虚像と実像>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3575-94758560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。