スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
劇的な結末が待ち受ける3歳牝馬の頂上決戦!「第72回 優駿牝馬(オークス)」 
2011 / 05 / 20 ( Fri )
JRAホームページから


劇的な結末が待ち受ける3歳牝馬の頂上決戦!「第72回 優駿牝馬(オークス)」 

2010年のオークスは、アパパネとサンテミリオンによるJRA・GI 史上初
の1着同着が大きな話題となった。

競走馬として、さらには繁殖牝馬として将来の日本競馬界を担う3歳牝馬が
今年も頂上決戦に相応しいレースを繰り広げるだろう。

オークストライアル(フローラS、スイートピーS)を経由してきた馬と
桜花賞から直行してきた馬の力関係、そしてほとんどの出走馬が初体験と
なる芝2400mへの適性がレースのポイントとなりそうだ。

今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通する傾向を分析してみたい。


桜花賞からの直行組が中心!

過去10年の3着以内馬30頭中20頭は、前走で「桜花賞」に出走していた。
また、前走が「桜花賞」だった馬の好走率は、前走で「桜花賞以外」の
レースに出走していた馬の好走率を大きく上回っている。今年もまずは
「桜花賞」から直行してきた馬に注目しよう。
⇒01,02,07,09.10,12,104

なお、桜花賞に出走したあと、別のレースを経由してオークスに臨んで
きた馬は、過去10年で14頭いたものの、いずれも5着以下に敗れていた。
⇒なし

桜花賞への出走経験が活きるというよりも、余裕のある臨戦過程が重要
ということなのかもしれない。〔表1〕
⇒中一週でくる馬 05カルマート,16グルヴェイグ


※2010年は1着同着
〔表1〕 前走のレース別成績(過去10年)

前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
桜花賞 8-7-5-55 10.7% 20.0% 26.7%
桜花賞以外 3-2-5-93 2.9% 4.9% 9.7%


前走が桜花賞だった馬はここに注目!

桜花賞での着順別成績を見ると、「桜花賞1着馬」が3着内率71.4%と
優秀な成績を収めていた。コース設定は大きく変わるものの、やはり
牝馬クラシックの第一弾で頂点に立った馬は信頼できるようだ。〔表2〕
⇒09 マルセリーナ
〔表2〕 前走が「桜花賞」だった馬の、桜花賞での着順別成績(過去10年)

桜花賞での着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-0-2-2 42.9% 42.9% 71.4%
2着 1-2-0-6 11.1% 33.3% 33.3%
3着 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
4着以下 4-5-2-39 8.0% 18.0% 22.0%
計 8-7-5-55 10.7% 20.0% 26.7%


また、桜花賞での単勝人気別成績を見ると、単勝「1・2番人気」だった
馬の3着内率はそれぞれ50%を超えていた。
桜花賞で好成績を収めた馬だけでなく、桜花賞前の時点で能力を高く評価
されていた馬にも注目したい。〔表3〕
⇒12ホエールキャプチャ,09マルセリーナ


〔表3〕 前走が「桜花賞」だった馬の、桜花賞での単勝人気別成績(過去10年)

桜花賞での単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-0-1-4 44.4% 44.4% 55.6%
2番人気 1-3-0-3 14.3% 57.1% 57.1%
3番人気 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
4番人気以下 3-3-4-42 5.8% 11.5% 19.2%
計 8-7-5-55 10.7% 20.0% 26.7%

さらに、桜花賞での上がり3ハロンタイム順位(推定)別成績を見ると
出走メンバー中「3位以内」の上がり3ハロンタイム(推定)をマーク
していた馬の3着内率は、「4位以下」だった馬の3着内率を大きく上
回っていた。
⇒09マルセリーナ,12ホエールキャプチャ

桜花賞でのレースぶりを評価する際は、レース終盤の脚色にも注目して
みよう。〔表4〕

〔表4〕 前走が「桜花賞」だった馬の、桜花賞での上がり3ハロン
     タイム順位(推定)別成績(過去10年)

桜花賞の上がり3ハロンタイム順位(推定) 成績 勝率 連対率 3着内率
1位 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
2位 2-2-1-7 16.7% 33.3% 41.7%
3位 0-1-2-3 0% 16.7% 50.0%
4位以下 3-4-2-38 6.4% 14.9% 19.1%
計 8-7-5-55 10.7% 20.0% 26.7%


前走が「桜花賞以外」ならここをチェック!

前走が「桜花賞以外」だった馬のレース別成績を見ると、前走で「フローラS」
に出走していた馬が比較的好成績を収めていた。

昨年のオークスで1着同着となったサンテミリオン、3着に入ったアグネス
ワルツも、前走が「フローラS」だった馬である。

前走が「桜花賞以外」だった馬を比較する際は、「フローラS」組を高く
評価したい。〔表5〕
⇒03,08,15,17,18
〔表5〕 前走が「桜花賞以外」だった馬の、レース別成績(過去10年)

前走のレース 成績 勝率 連対率 3着内率
フローラS 2-2-3-30 5.4% 10.8% 18.9%
スイートピーS 1-0-1-33 2.9% 2.9% 5.7%
忘れな草賞 0-0-1-10 0% 0% 9.1%
その他のレース 0-0-0-20 0% 0% 0%
計 3-2-5-93 2.9% 4.9% 9.7%

また、前走が「桜花賞以外」だった馬のそのレースの着順別成績を見ると
「4着以下」に敗れていた馬はオークスで3着以内に入っていなかった。
⇒15ハッピーグラス,17マイネイザベル
今年も前走が「桜花賞以外」のレースで「4着以下」だった馬は
割り引きが必要だろう。〔表6〕
〔表6〕 前走が「桜花賞以外」だった馬の、そのレースの着順
     別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-1-3-37 4.7% 7.0% 14.0%
2着 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
3着 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
4着以下 0-0-0-28 0% 0% 0%
計 3-2-5-93 2.9% 4.9% 9.7%


「差し」「追い込み」が優勢!

過去10年の連対馬20頭中、2004年のダイワエルシエーロ(1着)を除く
19頭は、いずれも4コーナーを「5番手以下」で通過していた。
ゴール前の直線が長いこともあって、レース序盤から先頭や先団につける
タイプが苦戦を強いられている。〔表7〕
⇒なし

〔表7〕 4コーナーの位置別成績(過去10年)

4コーナーの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
4番手以内 1-0-3-38 2.4% 2.4% 9.5%
5番手以下 10-9-7-109 7.4% 14.1% 19.3%

※ 競走中止となった馬を除く

なお、馬場状態が「良」だった年(2001~2003、2005~2007、2009年)
の4コーナーの位置別成績を見ると、4コーナーの位置が「4番手以内」
だった馬の連対はなく、3着となったのも2002年のユウキャラット
(4コーナー2番手)、2006年のアサヒライジング(4コーナー2番手)
だけだった。

良好な馬場状態で開催される年は、中団より後ろでレースを進める
タイプの馬に注目してみたい。〔表8〕

〔表8〕 馬場状態が「良」だった年の、4コーナーの位置別成績
     (2001~2003、2005~2007、2009年)

4コーナーの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
4番手以内 0-0-2-27 0% 0% 6.9%
5番手以下 7-7-5-75 7.4% 14.9% 20.2%

※ 競走中止となった馬を除く


道悪なら波乱の可能性がアップ!?

馬場状態が「良」だった年(2001~2003、2005~2007、2009年)の
単勝人気別成績を見ると、単勝「6番人気以下」だった馬は優勝例がなく
3着内率も5.6%にとどまっていた。

良好な馬場状態で開催される年は、前評判の高い馬が信頼できるようだ。〔表9〕

〔表9〕 馬場状態が「良」だった年の、単勝人気別成績(2001~2003、2005~2007、2009年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-1-1-3 28.6% 42.9% 57.1%
2番人気 1-2-1-3 14.3% 42.9% 57.1%
3番人気 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
4番人気 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
5番人気 2-1-0-4 28.6% 42.9% 42.9%
6番人気以下 0-2-3-84 0% 2.2% 5.6%


一方、馬場状態が「良」以外だった年(2004、2008、2010年)の単勝
人気別成績を見ると、単勝「1番人気」「2番人気」「3番人気」の
支持を集めた馬のうち、3着以内となったのは2010年1着同着の
アパパネ(1番人気)だけだった。

残る3着以内馬8頭はすべて単勝4番人気以下で、単勝「6番人気
以下」だった馬は3着以内に4頭が入っている。
「良」以外の馬場状態で開催される年は、波乱の可能性が高いもの
と考えて予想に臨むべきだろう。〔表10〕

(伊吹雅也)
〔表10〕 馬場状態が「良」以外だった年の、単勝人気別成績(2004、2008、2010年)

単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
2番人気 0-0-0-3 0% 0% 0%
3番人気 0-0-0-3 0% 0% 0%
4番人気 1-1-0-1 33.3% 66.7% 66.7%
5番人気 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
6番人気以下 1-1-2-35 2.6% 5.1% 10.3%

----------------------------------
JRA出走馬 紹介順

1.09桜の女王マルセリーナ(牝3・松田博資)
2.12桜花賞で1番人気のホエールキャプチャ(牝3・田中清隆)
3.03フローラSを快勝したバウンシーチューン(牝3・田島俊明)
4.02チューリップ賞3着のメデタシ(牝3・音無秀孝)
5.16母がオークス馬という良血グルヴェイグ(牝3・角居勝彦)中一週×

---------------------------------

JRA プレレーティング 上位
1)110 09マルセリーナ      桜花賞1着
2)108 12ホエールキャプチャ   桜花賞2着
3)104 17マイネイサベル     クイーンC2着 前走5着×
4)104 02メデタシ        桜花賞4着
5)102 03バウンシーチューン   フローラS1着

プレレーティングでは、6以下は101以下になる。

---------------------------------

桜花賞一着の09マルセリーナは負けたレース牡牝混合のみ
牝馬に負けたことがない。

--------------------------------
(結果)
はずれ、優勝した04 エリンコートは考慮に入れていませんでした。
タイムから、18、12、09を有力候補と考えていました。
04は父馬が短距離血統のため、はじめに候補からカットしてました。  

 1 04 エリンコート     7
 2 18 ピュアブリーゼ    8
 3 12 ホエールキャプチャ  2
 4 09 マルセリーナ     1

04を単勝であてた人に聞いたのですが、04 エリンコートの父馬は
雨などの道悪が得意な馬とのこと。(デュランダル)
3歳牝馬では距離は関係ないとのこと。

一番人気のマルセリーナを切ったのは、前走を見て位置取りが悪く
同じ騎手が騎乗することもあり、包まれて出せないと判断したとのこと。
スポンサーサイト
22:21:12 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<10代の子どもの心のコーチング 思春期の子をもつ親がすべきこと | ホーム | 春の女王へ向けて、ワンマイルの争い!「第6回 ヴィクトリアマイル」 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3515-ad0364d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。