スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
春の女王へ向けて、ワンマイルの争い!「第6回 ヴィクトリアマイル」 
2011 / 05 / 11 ( Wed )
JRAホームページより

データ分析
春の女王へ向けて、ワンマイルの争い!「第6回 ヴィクトリアマイル」
 
まだ今年で6回目となるレースではあるが、優勝馬には2009年のウオッカ
2010年のブエナビスタと言った歴史的名馬の名前が刻み込まれている。
その一方で、2007年には単勝12番人気のコイウタが優勝、2009年には同
11番人気のブラボーデイジーが2着に、2010年にも同11番人気のニシノ
ブルームーンが3着に入るなど、波乱の傾向も読み取れる。
ここでは過去5年の結果を検証しながら、レース傾向を見ていこう!

1.直近の勝利が1600m以上だった馬が優勢!

舞台となる東京コースは坂のある長い直線から、スピードに加えてタフ
さが求められると言われる。そのせいか、過去5年の3着以内馬15頭中
13頭は、直近で優勝したレースの距離が「1600m以上」だった。

残る2頭は2008年優勝のエイジアンウインズ(前走の阪神牝馬S=芝1400m)
と同年3着のブルーメンブラット(4走前オープン特別のオーロC=芝1400m)
だが、前者は芝レースで5戦して3着以下なしと言う実績があり、後者は
前走の阪神牝馬S、前々走の京都牝馬Sでともに単勝1番人気に支持されていた。

出走頭数が多いのは事実だが、3着内率の数値でも優位に立っており
直近で勝利したレースの距離が1600m以上だった場合はプラス材料と
判断できるだろう。〔表1〕
〔表1〕 直近で勝利したレースの距離別成績(過去5年)

距離 成績 勝率  連対率 3着内率
1300m以下 0-0-0-6 0% 0% 0%
1400~1500m 1-0-1-14 6.3% 6.3% 12.5%
1600~1700m 2-2-1-18 8.7% 17.4% 21.7%
1800m以上 2-3-3-37 4.4% 11.1% 17.8%

※ 地方競馬のレースを含む


2.近2走で牡馬と戦った経験が重要!

出走馬が近2走で出走していたレースを調べてみると、優勝馬5頭は
いずれも近2走で1度は牡馬相手のレースに出走していた。
とくに「近2走ともに牡馬相手のレース」だった組からは4頭の勝ち馬
が出ており、3着内率でも41.2%の高い数値を叩き出している。
今年もこのパターンで出走してくる馬がいれば、注目してみたい。〔表2〕

〔表2〕 近2走以内での牡馬相手のレースへの出走経験別成績(過去5年)

牡馬相手のレースへの出走経験 成績 勝率  連対率 3着内率
近2走とも牡馬相手のレース 4-1-2-10 23.5% 29.4% 41.2%
1走だけ牡馬相手のレース 1-1-1-31 2.9% 5.9% 8.8%
近2走とも牝馬限定レース 0-3-2-34 0% 7.7% 12.8%

※ 海外競馬のレースおよび地方競馬のレースを含む


3.近2走の距離比較もポイントに!

全出走馬の前々走と前走の距離を比較すると、優勝馬5頭は、いずれも
「前々走と前走の距離が同じ」か、「前々走より前走の距離が長かった」
馬で占められていた。
しかし、「前々走より前走の距離が短かった馬」から7頭が2~3着に
入っており、3着内率では他の2グループを上回る20.0%をマークしている。
〔表3〕

〔表3〕 前々走と前走の距離の比較別成績(過去5年)

前々走と前走の距離の比較 成績 勝率 連対率 3着内率
前々走より前走の方が長い 1-0-0-16 5.9% 5.9% 5.9%
前々走と前走が同じ 4-1-2-31 10.5% 13.2% 18.4%
前々走より前走の方が短い 0-4-3-28 0% 11.4% 20.0%

※ 海外競馬のレースおよび地方競馬のレースを含む


4.3走前の着順にも注目!

上記の2項目では近2走の成績に着目してきたが、3走前の着順について
調べてみたのが〔表4〕である。
優勝馬5頭のうち4頭は、3走前のレースでも3着以内に好走していたが
その一方で、3走前に優勝していた馬からは連対馬が出ておらず、2着馬
5頭はすべて3走前のレースで4着以下に敗れていた。

前走や前々走など直近のレース成績に目が行きがちだが、3走前に高い
パフォーマンスを発揮していた馬にも注目してみる必要がありそうだ。

(河野道夫)
〔表4〕 3走前の着順別成績(過去5年)

3走前の着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 0-0-1-11 0% 0% 8.3%
2着 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
3着 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3%
4着 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
5着 0-1-1-4 0% 16.7% 33.3%
6~9着 1-1-1-22 4.0% 8.0% 12.0%
10着以下 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%

※ 海外競馬のレースおよび地方競馬のレースを含む
-------------------------------
出走馬情報

01)ブエナビスタ(牝5・松田博資)      -  121
    歴史に残る名牝 ドバイ惨敗8着
02)アパパネ(牝4・国枝栄)        104 112
    牝馬三冠 読売マイラーズCは4着
03)レディアルバローザ(牝4・笹田和秀)  105 108
    中山牝馬S優勝
04)コスモネモシン(牝4・清水英克)    103 103
    京都牝馬S9着→中山牝馬S3着→福島牝馬S2着
05)ショウリュウムーン(牝4・佐々木晶三) 108 106
    京都牝馬S優勝⇒読売マイラーズCでは14着
06)アニメイトバイオ(牝4・牧光二)     -  110
    前走のエリザベス女王杯15着、6か月ぶりの実戦
07)アプリコットフィズ(牝4・小島太)    -  109
    前々走の京都牝馬Sが14着、前走の中山牝馬Sが18着
08)スプリングサンダー(牝4・昆貢)    104  -
    4歳春を迎えて急激に力をつけてきた1頭、
    芝1600mは〔0・0・0・2〕と良績がない。
09)アンシェルブルー(牝4・田中清隆)   105  -
    阪神牝馬Sでは7番人気ながら2着
10)ワイルドラズベリー(牝4・中尾秀正)   -  109
    東京・芝コースは未経験
----------------------------
まともに考えれば、ブエナビスタとアパパネで決まりでしょう。

 2009年 ウォッカ    5歳(1人気)⇒4歳(11人気 )⇒6歳(7人気)
前走 ドバイ7着⇒福島記念1着⇒卯月S1着
               馬番06⇒02⇒01
 2010年 ブエナビスタ  4歳(1人気)⇒4歳(8人気)⇒6歳(11人気)
             前走 ドバイ2着⇒阪神牝馬13着⇒中山牝馬S1着
                     (前々走京都牝馬S1着)
               馬番11⇒02⇒10
 2011年 アパパネ    4歳(2人気)⇒4歳(人気)⇒6歳(人気)
             前走 マイラーズC4着⇒
               (前々走エリザベス3着)
 (予想)  ブエナビスタ  5歳(1人気)⇒4歳(人気)⇒6歳(人気)
             前走 ドバイ8着 ⇒
               (前々走有馬記念2着)
               
ブエナビスタを外して、アパパネから4歳牝馬への流しなんてのは
どうでしょう。でもアパパネは牡馬相手に勝っていないかも・・・・・・
そうなると、外すのはアパパネになります。ブエナビスタから・・・・・
相手の馬は調教しだいかもしれません。

前走又は前々走は1着の馬が、2着または3着かも・・・・・・


1.分析力 馬柱から情報を読み取る。
  1番は、昨年一着の13 ブエナビスタ
   昨年の年度代表馬であり、ドバイにも行っている。
  2番は、牝馬3冠馬の16 アパパネ
  この2強を軸に、4歳牝馬
  4 レディアルバローザ 11 エーシンリターンズ
  9 ショウリュームーン  1 ワイルドラズベリー
  2 アニメイトバイオ   6 オウケンサクラ

2.推理力 そのレースの条件において最も力を発揮できる馬は?
  13 ブエナビスタ
  ヒシアマゾン⇒ウオッカを継ぐ、牝馬最強馬、昨年のジャパンカップ2着
  有馬記念2着で現役馬最強かも・・・・・・
  東京コースでは、2着を外したことがない。
  このレースで勝たないと、ウォッカに負けるような気がする。
  陣営は必勝体制と推理。騎手は、岩田騎手に変更したが、東京コース
  での勝率が極端に悪い。・・・・・2着







  16 アパパネ
  エリザベス女王杯で外国馬にアッサリ負けた。
  3冠達成も、それほど差がある競馬ではない。
  2番人気は確実と思われるが、それほど差があるとは思えない。

スポンサーサイト
22:44:04 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<劇的な結末が待ち受ける3歳牝馬の頂上決戦!「第72回 優駿牝馬(オークス)」  | ホーム | Windows PCの設定変更で約 30% (1 台あたり 約 16W) の節電>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3514-71570eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。