スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
帝王学 「貞観政要」の読み方
2011 / 04 / 03 ( Sun )
山本 七平 著

裏表紙
 組織の指導者はいかにあるべきか?
 敵の忠臣を登用せよ、部下の諫言を聞き入れよ
 清貧の生活に甘んじよ

 これらが『貞観政要』の教える行動鉄則だ。
 古来、為政者の必読書とされてきた名著を現代ビジネスリーダーに
 向けて読み解いたベストセラー。   解説 守屋 洋

帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
(2001/03)
山本 七平

商品詳細を見る


東日本大震災が起きて、日本の底力が試されている。
リーダーといっても、総理大臣だけではない。
その場、その場にリーダーがいる。

家庭のリーダー、職場のリーダー、地域のリーダー
それぞれの人が適切なリーダーとして、一歩一歩
再帰に向けて進む必要があるのではないか。と
思える。
スポンサーサイト
06:38:05 | 人間関係・世の中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<信念をつらぬく 私はやる  | ホーム | 東日本大震災を超えて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3411-a4829b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。