スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
脳はなにかと言い訳する 人は幸せになるようにできていた!?
2011 / 02 / 11 ( Fri )
池谷 裕二 著

表紙折込
 私たちの脳は、こんなにもロマンと謎と驚きに満ちていた!
 ○海馬を鍛えれば記憶力は上がるのか
 ○人が思い込みをする理由
 ○バイオリニストの「指」の脳領域
 ○「私にはこの人しかいない」このとき脳では何が!?
 ○思い出す、という脳作業の不思議
 ○記憶力のよしあしを決める「七つの遺伝子」
 ○なぜ、「浅い眠り(レム睡眠)」のときに夢を見るのか
 ○赤ちゃんはなぜ左利きか

帯には
 最先端の知見・盛りだくさん
 恋愛 ダイエット 不眠 ド忘れ ストレス アルコール・・・・・・
 脳のすごさがわかった!

 「脳はなにかと言い訳する」とは?
 たとえば、ショッピングで気に入った服が二つあったとする。
 高価なので、どちらか一方しか買えなかったとき、後で
 「あのときの選択は正しかったのだ」とばかり、自分を正当化する
 理由を探し始める。

 その服の好きな点を探したり、あるいは買わなかった服の欠点を
 挙げたりなどして納得する。

 そのとき脳は、もっともらしい「言い訳」を探し出す。
 「後悔していない」、「あのときの選択は正しかった」という
 潜在的な意識を働かせるのだ。

 「後悔を嫌う」という本能があるからこそ、脳は私たちの人生を
 幸せなものにすることができる(ようにできている)。

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?
(2006/09)
池谷 裕二

商品詳細を見る
スポンサーサイト
14:30:45 | 読んだ本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<空想科学裁判2 | ホーム | 観葉植物の植え替えとベランダで家庭菜園>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3335-a206b51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。