スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
止まらないタイガーマスク現象
2011 / 01 / 15 ( Sat )
NHKのニュースで止まらないタイガーマスク現象を報道していました。

若い人たちに新たな動きも・・・

NHKの報道によると
ターガーマスクの贈り物が広がり、寄付以外の支援活動も増えている。
高知県のお好焼き店が児童養護施設の生徒を招待している。

仕事が休みの本日土曜日に、施設を訪れる人が増えているようだ。
24歳のアルバイトの男性から文具が送られる。
また、金と見られる延べ板が送られる。差出人は伊達直人

寄付は、少なくとも1,056件 ランドセル753個
現金・商品券 3,240万円

寄付行為はアメリカなどと比べて日本ではまだまだ少ない。
アメリカでは、年間19兆円 対して日本では0.5兆円
日本はアメリカの38分の1しかない。2.6%となる。


税制や受け取る側の情報公開の違いではないかとのことが
報道されていた。
感じとしては、アメリカの大金持ちが超高額の寄付をしているから?
と考えてしまいます。

日本では、大金持ちと言われる人が寄付をしていないのかも・・・


寄付以外の支援の輪としては
 定期的に施設を訪問している大学生がいて、ボランティア仲間と
 子どもたちに勉強を教えている。
 施設では、生活の世話や子どもの心理フォローに時間がとられ
 子どもたちの学習支援までは手が回らないので、助かるとのこと。

 施設では一般家庭に比べ高校中退者が多く、進学率も低い状態です。
 生徒に学習意欲を出してもらうのが大変であるとのこと。
 ボランティア団体での息の永い支援をしようと考えているとのこと。

-----------------------------
インターネットで・・・・・止まらないタイガーマスク現象
2011年1月14日
全国の児童養護施設などに匿名の寄付が相次ぐ「タイガーマスク現象」は
今週もさらに広がりを見せた。NHKによると、1月13日時点で報告された
寄付は700件を超え、現金や金券は約2400万円、ランドセルは620個余りに達した。

学習塾を運営する学究社は13日、来週小学校に入学する児童養護施設の
子どもたちに500万円分のランドセルを寄付すると発表した。

これまでの事例とは異なり、学究社は社名を明かして寄付を行う。
同社はプレスリリースで「弊社の気持ちは、匿名の多くの善意の方々と同じ
であり、同様に匿名による寄付を検討しましたが、上場企業としての支出で
あるため、秘密裏に行うことは不適切と判断し、この発表にいたりました」
と説明した。
同社はジャスダック証券取引所に上場する。
当然のことながら、どんなに優れたPR活動も広く知られなければ効果はない。
------------------------------

児童養護施設 by ウィッキペディア
児童養護施設(じどうようごしせつ)とは、「保護者のない児童、虐待されて
いる児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせ
て退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うための施設である
(児童福祉法第41条)。
児童相談所長の判断に基づき、都道府県知事が入所措置を決定する児童福祉
施設である。略して養護施設(ようごしせつ)とも称する。
その名称から養護学校や障害者入所施設などと混同されやすいが、別のものである。

施設の概要 [編集]
入所対象は1歳以上18歳未満であり、場合によっては20歳まで延長できる。
1歳未満の場合は乳児院への入所となる。

2005年(平成17年)の児童福祉法改正によって、安定した生活環境の確保などの
理由で特に必要な場合は、乳児も入所させることもできるようになり、同じよう
に乳児院では1歳以上の幼児を入所させることができるようになった。

厚生労働省「社会福祉施設等調査」では、2008年10月1日現在、
 児童養護施設は569施設
 入所定員は33,994人
 在所児(者)数は30,695人(在所率90.3%)
施設では児童指導員や保育士等が働いており、職員数は14,892人。
厚生労働省「児童養護施設入所児童等調査」では、2008年2月1日現在、入所児童
の平均年齢は10.6歳、平均入所期間は4.6年である。

また、ひとり親家庭の保護者がやむをえない理由(病気・負傷など)で児童を
養育できなくなったときの「ショートステイ」
ひとり親家庭の保護者が残業などで帰宅が恒常的に夜間にわたるとき、放課後
に児童を通所させ、生活指導・夕食の提供などを行う「トワイライトケア」
などを行っている施設も増加傾向にある。

以前は「孤児院」と呼ばれていたが、現在はむしろ孤児は少なく、親はいるが
養育不可能になったため預けられている場合が圧倒的に多い。

中でも、虐待のため実の親から離れて生活をせざるを得なくなった児童の割合は
年々増加している(2008年2月の調査では53.4%)。

退所後の生活 [編集]
1973年以降、特別育成費の支給によって入所児童の高校などへの進学が増え
厚生労働省の2008年調査では、施設入所者の中学卒業後の98.5%が高等学校
等(専修学校、職業訓練施設も含む)に進学している。

また、高校卒業者の18.2%が大学等(短大、専修学校、職業訓練施設も含む)
に進学している。(日本全国は68.6%(平成21年学校基本調査(文部科学省))。

高校進学率は一般化し、大学進学率も年々高まっているが、大学進学は学費
の面で厳しい場合も多い。高卒後の就職は、73.4%となっている。
スポンサーサイト
19:42:18 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<龍のネクタイピン | ホーム | 男のゴールデンタイム タイガーマスク運動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3306-51f44939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。