スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
戦争と平和 愛のメッセージ
2010 / 10 / 24 ( Sun )
美輪明宏 著

戦争と平和 愛のメッセージ戦争と平和 愛のメッセージ
(2005/07/28)
美輪 明宏

商品詳細を見る


戦争反対の文章です。
戦争を行うとは、家族を殺すことにほかならないというのはそのとおり
ではないかと思いました。
本を読んで、戦争に行く人も残る人も悲惨な状態になるということが
どんなことなのか思いました。

自分は、再軍備を進め憲法9条の改革するべきだと思っていました。
国として、真の独立を目指すには憲法9条はじゃまになると思っていました。
自衛隊が軍隊として正当に認められないのはいけないと思っていました。

ただ、アメリカの軍事産業複合体のためにアメリカはビジネスとして
戦争を行っているというのは、まさにその通りだと思います。
憲法がアメリカからの押し付けだとしても、そのおかげで日本は
戦争に巻き込まれなかったことは素晴らしいことだと思います。

尖閣諸島を巡る中国との関係や沖縄基地でのアメリカ
竹島での韓国、北方領土でのロシアなど
紛争になる要因は多くあります。

日本は資源がない国ですから、人材をいかに育てるか。
一人一人が、素晴らしい人にならなければいけないと思いました。
ノーベル賞の受賞者も、資源のない国だから人の能力を高めることが
必要だといっていたと思います。
スポンサーサイト
20:31:42 | 子供に読ませたい本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宇宙一切を救うアセンション・プロセス | ホーム | ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書 なぜ学び、なにを学ぶのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3261-5503b099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。