スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
元伊勢籠神社と笠松公園
2010 / 08 / 15 ( Sun )
汽船乗り場をすぎて、目の前に籠神社(このじんじゃ)があります。
元伊勢の一つであるとのことです。
参道や社殿は最近建て替えたのか新しく見えました。

社伝によれば、元々真名井原の地(現在の境外摂社・奥宮真名井神社)に
豊受大神が鎮座し、匏宮(よさのみや、与佐宮とも)と称されていた。
『神道五部書』の一つの「豊受大神御鎮座本紀」によれば、崇神天皇の時代
天照大神が大和笠縫邑から与佐宮に移り、豊受大神から御饌物を受けていた。
4年後、天照大神は伊勢へ移り、後に豊受大神も伊勢神宮へ移った。
これによって、当社を「元伊勢」という。



籠神社から笠松公園行きのケーブルカー、リフト乗り場に行きましたが
横に階段があり、近くの売店の人に聞いたら20分で歩いて登れるとの事
でしたので、階段コースを選びました。

これが思ったより苦労しました。道は舗装されているのですが雨が降っており
落ち葉が多く、すべり安い状態でした。
汗をかき、はあはあいいながら途中途中で休憩して、やっと笠松公園に辿り着きました。

笠松公園からの天橋立 又覗き台もあります。











笠松公園にある「かさぼう」の像



笠松公園からケーブルカーで下におりました。下りを階段で行く元気はありませんでした。

元伊勢の歴史が知りたくなりました。
伏見稲荷の説明を読んで西暦700年ごろに設立された聞きました。
有名な伏見稲荷神社の設立が比較的新しいことに驚きました。

元伊勢で一番古いのはどこかインターネットで見ると
どうやら、丹後の元伊勢籠(この)神社のようです。
日本で一番古い神社は、大神神社のようですが・・・・

丹後には、二つの元伊勢があるようです。

日記「つれづれ草」日本古代史

ふたつの元伊勢  2005年12月7日

 京都府の北部、由良川が日本海に向かって流れる丹後地方には
 ふたつの元伊勢神社がある。
 ひとつは日本三景の一つ、宮津市天橋立にある丹後一の宮、元伊勢籠(この)神社。
 もうひとつは隣の大江町にある元伊勢内宮(皇大神社)・外宮(豊受大神社)である。
 ふたつの神社は距離的にも近く、直線距離にすると20キロほどだ。
 この地方を代表する山、大江山を挟んで、ちょうど対称となるような位置関係にある。

 どちらも元伊勢と称しているが、地元では、どっちが本物でどっちが偽者か
 というようなみっともない争いはせず、双方がともに元伊勢神社として併存してきた。
 天皇家の神社である伊勢神宮が、三重県にある五十鈴川にたどり着く前には
 アマテラスを祭る場所を求めて各地を転々として回った。

 その最初の地が「丹波(現丹後)の吉佐宮」と神社関係の古い文献にあり
 それをもって「元伊勢」の由来としている。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのほかにも元伊勢について
 新しい日本の歴史

 No89 籠神社は元伊勢か? [日本の歴史] [編集]
 籠神社は元伊勢か? 本元の籠神社が元伊勢だと言っておられるのですから
 そうなんでしょう。その証拠が、神社の宮司家に伝えられる「丹後国一宮深秘」です。
 金久与市著「古代海部氏の系図」に、「これは伊勢神宮が現在の三重県に鎮座する前
 に、籠神社が元伊勢であった旨を書き記した貴重な資料である」と書いています。
 原文を見ていませんので、この文からだけでは元伊勢であるとは判断できません。

 丹波国吉佐宮が元伊勢であることは、『倭姫命世紀』に書かれていますが
 その吉佐宮が、籠神社であるのか、大江町皇大神社なのか、竹野神社であるのか
 判っていません。

 しかし、籠神社が元伊勢であった旨を書き記してあると書かれていますから
 確かに、貴重な資料です。
 しかし、おかしいですね。『倭姫命世紀』は伊勢神宮の内宮にあります。
 これを海部氏が保存しておられたそうです。そこに、吉佐宮の名前があるのですから
 籠神社が吉佐宮であることを「丹後国一宮深秘」に書いて秘蔵しておく理由がありません。
 
 「丹後国一宮深秘」は現在公開されていて、伊勢へ行く前は、籠神社にいたと書いて
 あります。原文は漢文で、手に入りませんが、現代文に書かれたものが
 『元伊勢の秘法と国宝(海部氏系図』に収録されています。
 ・・・・・・・・・・・・
 「丹後国一宮深秘」に書かれているから、籠神社が元伊勢であるというのが
 よく理解できません。この文章は、社僧智海によるもので、彼は1488年に丹後風土記
 残欠の書写を行っていますから、この頃に書いたことになります。
 ・・・・・・・・・・・・
 さて、先に書きました丹波国吉佐宮は、籠神社、皇大神社、竹野神社の各社が
 それぞれ、神社の言い伝えによって、自分の神社が、元伊勢であると言っておられます。
 ・・・・・・・・・・・・
 私は、元伊勢は京都・大江町の皇大神社ではないかと思っています。
 その理由を次回から述べてみようと思います。 

------------------------------------

 伊勢神宮をウィッキペディアで見ていたら、伊勢神宮以外で唯一朝廷が神階を
 贈らない別格の社として、
 和歌山県和歌山市の日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)
 があるそうです。
スポンサーサイト
22:17:27 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神秘的だった真名井神社(籠神社の奥宮) | ホーム | 天橋立への道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3202-7208d3d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。