スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
続・日本史の旅は、自転車に限る!天下を獲り損ねた男たち
2010 / 07 / 19 ( Mon )
疋田 智 著

表紙折込
 自転車だからこそ分かる日本史の手触り!
 またまた自転車で巡った16地点。北海道から沖縄までの日本史の舞台は
 雄弁に歴史の真相を語りかけてきた。

 なぜ、茨城県に称徳女帝の神社があるのか?
 光秀が本能寺を目指したのはなぜか?
 日光以外にもある東照宮の意味とは?

 自転車ツーキニスト・疋田智が乳酸にまみれて考える。

 島原・天草の乱はゴマすり藩主が引き起こした悲劇だった

 北上川を自転車で下ると、千年前の日本の縮図が見えた

 琵琶湖湖畔信長の城に登ってイラクを叫ぶ(何のこっちゃ)

 上州新田に佇むもう一つの東照宮

 
天下を獲り損ねた男たち―続・日本史の旅は、自転車に限る!天下を獲り損ねた男たち―続・日本史の旅は、自転車に限る!
(2005/11)
疋田 智

商品詳細を見る
スポンサーサイト
18:31:18 | 歴史時代小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<刻まれない明日 | ホーム | 90分でわかる物流の仕組み 基本と常識>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3181-ead23eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。