神々のルーツ 太古の昔から、宇宙人は地球に来ていた
2010 / 07 / 19 ( Mon )
ジョージ・H・ウイリアムソン 著
 増野一郎 訳 秋山眞人 監修

表紙折込
 神々のルーツを探り、真理へと導く 道標

 科学の世界で大きな謎の一つとされているものに、ミッシングリング
 がある。類人類から人類への進化の後を、裏づけるものが見つからない
 のである。

 しかし、この失われた輪が発見されることは絶対にないであろう。
 なぜならば、遠い昔、遥かかなたの空間から、私たちとは別の太陽系の魂
 が神として大挙して地球に移り住み、類人類の肉体を借りて、人類として
 生まれ変わったからだ。

 以来神々は宇宙から地球文明を見守り続けている。
 本書は無限の父のもとにいたる大道を示す道標の一つにすぎない。
 真理を知り、真理によって解放されることを祈りつつ、すべての人に
 本書を捧げる。

神々のルーツ―太古の昔から、宇宙人は地球に来ていた神々のルーツ―太古の昔から、宇宙人は地球に来ていた
(1997/05)
ジョージ・H. ウイリアムソン

商品詳細を見る

スポンサーサイト
12:05:19 | 将来・現在・過去 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イスラム金融入門 | ホーム | 本音は顔に書いてある 言葉の嘘としぐさの本音の見分け方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3169-625677f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |