スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
デジカメ:使用できる単三乾電池と使用できない単三乾電池
2010 / 05 / 20 ( Thu )
子どもが、来月には修学旅行に行くとの事なので
使用していない、デジカメを渡しました。
修学旅行の栞にも持ち物にカメラがありました。

新しい乾電池とデジカメを渡したのですが、電源スイッチを入れても
電池残量が足りませんの表示が出て、うまく動作しません。

古いカメラだから、壊れたのかなと思いました。
そういえば、このカメラを使用しなくなって新しくデジカメを購入したときも
新しいアルカリ単三電池を装着してもスグに電池残量がありません
の表示が出て、使い勝手が悪いのが理由でした。

ニコンデジタルカメラ COOLPIX 4100です。
使用説明書を読むと、アルカリ電池の形状によって使用できないものが
あることがわかりました。

 1)外装シール(絶縁皮膜)を一部又はすべてはがしている電池
 2)市販されているものでも外装シールが十分でないものがある
   そのような電池は使用できない。

 あ)外装シールの一部またはすべてが剥がしてある電池
 い)マイナス電極の一部が膨らんでいるが外装シールが側面だけの電池
 う)マイナス電極が平らな電池
   (マイナ電極が外装シールに覆われていても、覆われていなくても
    使用できません。)

ここから使用できる電池の条件は、以下の2つの条件
  1)マイナス電極が膨らんでいること。
  2)外装シールが、側面とマイナス電極まで覆っていること。

動作不良の電池
  1)マイナス電極が膨らんでいない電池
  2)マイナス電極は膨らんでいるが、外装シールがマイナス電極を
        覆っていない電池でした。
  両方とも百円ショップで購入した電池でした。

動いた電池
  ※マイナス電極が膨らんでいて、外装シールがマイナス電極の周りを
   覆っている電池でした。
   動いた電池は イオンのトップバリュー アルカリ乾電池でした。

同じ電池でも仕様が違うことに初めて気づきました。
電池は、100円ショップが一番安いと思っていましたが、使用できないことも
あるんだ。100円ショップの電池と一般の電池では、違うんだとということ
を認識しました。

ニコンのデジカメに使える電池を探して購入しようと思います。
スポンサーサイト
22:41:03 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<羽田航空神社 | ホーム | インターネット接続トラブル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3115-accc8815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。