スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
クラシック開幕を飾る牝馬第一冠!「第70回 桜花賞」
2010 / 04 / 07 ( Wed )
JRAホームページから

春のクラシックシーズンの幕開けを告げるのがこの桜花賞。一昨年には単勝12番人気の
レジネッタが優勝、2着にも同15番人気のエフティマイアが入り、クラシック史上最高
の払戻金となる3連単700万2920円の特大万馬券となった。
 15-18-13(人気12-15-5)

昨年こそ断然人気のブエナビスタが優勝しているが、キャリアの浅い3歳牝馬の一戦と
あって、波乱の要素を多分に秘めている。第70代“桜の女王”に輝くのはどの馬か?
過去10年の結果を検証しながら、今年の行方に迫っていこう!


チューリップ賞組、フラワーC組が好成績! ⇒優勝は前走3月
 まず、前走のレース別成績を調べると、優勝馬10頭は「チューリップ賞」
「フィリーズレビュー」、「アネモネS」、「フラワーC」の4レースいずれかに出走
していた点に注目したい。
 出走頭数の多い中では「チューリップ賞」組、「フラワーC」組が勝率10%超、連対率
でも20%超の好成績を収めている。また、上記4レースはすべて3月に行われたステップ
レースだった。
 一方で、3着以内馬4頭を送り出している「クイーンC」組をはじめ、前走が2月以前
のレースだったグループからは、まだ優勝馬が出ていない。


前走3着以内馬が断然!⇒前走3着以内または一番人気
 前走の着順別成績では、過去10年の3着内馬30頭中、24頭が前走「3着以内」のグループ
だった。前走「6着以下」だったグループから、このレースで優勝した馬は、2000年の
チアズグレイス(前走チューリップ賞10着)と2002年のアローキャリー(前走アネモネS8着)
の2頭。しかも、敗れたそのレースでそれぞれ「単勝1番人気」に推されていたことは
覚えておいても損はないだろう。


ノーマークは禁物の前走1番人気!⇒前走1、2番人気または3着以内
 前走の単勝人気別成績では、前走で「1番人気」に推されていた馬が、勝率で19.4%
3着内率でも38.9%と高い数値をマークしていた。しかも3着以内馬30頭中、半数近い14頭が
前走「1番人気」だったことからも、ノーマークは禁物と言えるだろう。
3着内率25.9%で次点につけているのが前走「2番人気」の馬で、前走で上位人気に推されて
いた馬は、チェックが欠かせない。
また、前走「2番人気以下」で優勝したのは、
 2006年キストゥヘヴン(前走フラワーC6番人気1着)
 2007年ダイワスカーレット(前走チューリップ賞2番人気2着)
 2008年レジネッタ(前走フィリーズレビュー4番人気3着)で、前走が重賞で3着以内の
 好成績を収めていた点も、要チェックだろう。

近年重要性を増す、芝1600m以上での実績!⇒芝1600mで勝ち星ありの馬
 芝の1600m以上におけるレース実績を調べた。阪神競馬場の馬場改修工事が完成したのが
2006年の暮れ。つまり桜花賞が新設された阪神・芝1600mの外回りコースで行われるように
なったのが2007年以降の過去3年間だ。
 そこで、新設前と新設後を比べてみると、芝の1600m以上での実績の有無が、ハッキリと
結果に表れるようになった。芝1600m以上の距離で勝ち星のなかった馬は、2006年以前では
7頭が連対しているが、2007年以降は21頭が出走して3着以内馬ゼロ(未経験だった馬を合
わせれば28頭出走で3着以内馬ゼロ)と苦戦を強いられている。
今年もこの傾向が続くのか注目してみたい。

----------------------------------------
09 アパパネ 前走 3月1600m 1番人気 2着
昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを3連勝で制し、JRA賞最優秀2歳牝馬に輝いた
アパパネ(牝3・国枝栄)は、今回の桜花賞で最有力候補に挙げられる馬。
今年初戦のチューリップ賞では、直線で抜け出したところをショウリュウムーンの強襲を受け
0秒1差の2着に惜敗。しかし、そのレース内容は改めて能力の高さを感じさせるものだった。
ひと叩きした今回は、上積みも必至だろう。
本番と同じ阪神・芝1600mで、2戦2連対と好相性なのは心強い限りだ。

03 アプリコットフィズ 前走 2月 1600m 1番人気 1着
アプリコットフィズ(牝3・小島太)は、前走のクイーンCで2番手から余裕を持って抜け出し
2着のプリンセスメモリーに2馬身差をつける楽勝で重賞初制覇を飾り、桜花賞戦線に名乗り
を上げた。今回が初の関西圏の競馬で、初めて経験する長距離輸送や阪神コースなどクリア
すべき課題がライバルのアパパネより多いのは間違いないが、あっさりと克服しそうなスケール
の大きさを感じさせる素質馬だ。

13 アニメイトバイオ 前走 3月 1600m 1番人気 2着
アニメイトバイオ(牝3・牧光二)は、前走のアネモネS(中山・芝1600m)で勝った
ギンザボナンザに半馬身及ばず2着に敗れたが、圧倒的な人気を背負い、目標となった形での
結果。14キロ増と馬体に余裕を残していたことも含めれば、改めて地力を示したと言える。
昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ(2着)では、アパパネと0秒1差の接戦を演じた
実績馬。争覇圏内の1頭であるのは間違いないだろう。

08 オウケンサクラ 前走 3月 1800m 3番人気 1着
オウケンサクラ(牝3・音無秀孝)は、前々走のチューリップ賞で4着に敗れて桜花賞の優先
出走権を逃したが、前走のフラワーCでは好位から力強く抜け出して重賞初制覇を達成、収得
賞金の加算に成功した。
中1週で中山競馬場に遠征した、強行ローテーションのダメージがどこまであるかが鍵となり
そうだが、地力はこのメンバーに入っても互角以上だろう。

01 ショウリュウムーン 前走 3月1600m 9番人気 1着
前哨戦の中で最もメンバーが揃った印象のチューリップ賞を制したのは、ショウリュウムーン
(牝3・佐々木晶三)。9番人気ながら、2歳女王のアパパネを追い比べで競り落とした末脚
は見どころ十分だった。速い持ち時計はないが、芝1600mは2戦2勝と好相性。
今回も侮れない1頭となりそうだ。

07 タガノエリザベート 前走 2月 2200m 4番人気 5着
今後を見据えて、あえて阪神・芝2200mのオープン特別、すみれSをステップに選んだのが
タガノエリザベート(牝3・松田博資)。牡馬相手に5着と結果こそ出なかったが、前々走の
阪神ジュベナイルフィリーズ(6着)ではメンバー中最速の上がり3ハロン34秒0(推定)を
マークしている。展開次第では、馬群をひと捲りする破壊力を持った馬だ。

02 ギンザボナンザ 前走 3月 1600m 2番人気 1着
トライアルのアネモネSで先に抜け出したアニメイトバイオをきっちりと差し切って3勝目を
挙げたギンザボナンザ(牝3・池上昌弘)

15 サウンドバリアー 前走 3月 1400m 9番人気 1着
フィリーズレビューを鋭い末脚で豪快に差し切り、重賞初制覇を収めたサウンドバリアー
(牝3・安達昭夫)といった前哨戦の勝ち馬ですら、主役候補に挙げられないほど、強力な
メンバーが揃った今回の桜花賞。

17 シンメイフジ 前走 3月 1600m 2番人気 5着
フラワーC5着からの巻き返しを狙う新潟2歳S優勝馬のシンメイフジ(牝3・安田隆行)

04 コスモネモシン 前走 3月 1800m 4番人気 2着
フェアリーSの覇者で前走フラワーC2着のコスモネモシン(牝3・清水英克)

16 ラナンキュラス 前走 3月 1400m 1番人気 2着
フィリーズレビュー2着の良血馬ラナンキュラス(牝3・矢作芳人)も一発の魅力に
あふれた実力馬。

--------------------------------------

3月開催 1600m1着は有力馬から2頭のみ

  関東馬
  02 ギンザボナンザ   前走 3月 1600m 2番人気 1着

  関西馬
  01 ショウリュウムーン 前走 3月 1600m 9番人気 1着

いままでの実績から 3頭
  関東馬
  09 アパパネ      前走 3月 1600m 1番人気 2着
            前々走G1 1600m アニメイトバイオに勝つ 1着
  関東馬
  03 アプリコットフィズ 前走 2月 1600m 1番人気 1着

  関東馬
  04 コスモネモシン   前走 3月 1800m 4番人気 2着
            前々走 1600mアプリコットフィズに勝ち 1着

 関西馬が強いという統計からすると、関西馬 ショウリュウムーンから
 他の4頭に流すか・・・そうではなくて関東馬4頭でBOXか。
-------------------------------------

 それとも、この5頭を除いた馬から選択するなんてこともいいかも

 関東馬
 13 アニメイトバイオ   前走 3月 1600m 1番人気 2着
            3戦連続2着 5走前1600m 1着

 関西馬
 08 オウケンサクラ    前走 3月 1800m 3番人気 1着
            3走前 1600m1着
 
 関西馬 
 07 タガノエリザベート  前走 3月 2200m 4番人気 5着
            1600m1着 なし
 関西馬
 15 サウンドバリアー   前走 3月 1400m 9番人気 1着
            3走前 1600m1着

 関西馬
 17 シンメイフジ     前走 3月 1600m 2番人気 5着
            3走前 1600m1着
 
 関西馬
 16 ラナンキュラス    前走 3月 1400m 1番人気 2着
            1600m1着 なし

 ここから、一着候補 関東馬 アニメイトバイオから5頭へ流し。
-----------------------------------

今年もG1レースの季節がやってきました。
楽しみたいと思います。

多分、荒れるレースになると思います。いやいや硬い?
主役はアパパネになると思いますが、そうスッキリするものか。
オカルト馬券(根拠のない出目など)やJRAのシナリオ(広告から馬券)
好きな番号で・・・・
ギャンブルのあたりは、偶然の一致だとすればなんでもありかも・・・

JRAのデータ分析の逆を選べば
 1着実績のない前走 2月の馬が1着候補
   関東馬
   03 アプリコットフィズ  前走 2月 1600m 1番人気 1着
 
 前走 3着、3番人気以内を外し、1600mも勝っていない馬が2着候補
   関西馬
   07 タガノエリザベート  前走 3月 2200m 4番人気 5着
              1600m1着 なし

 この組み合わせだと、関東馬が久々に優勝し、2着馬が復活し、関東・関西で分け合う
 構図ができる。牝馬の3冠の行方が楽しみになると思います。
 春のクラシックシリーズの初めとしては荒れたほうがいい。
 関西強しの状況から、関東が巻き返す状況ができ、状況は、混沌になり
 JRAの売上が増えると思います。
 昨年の1番人気1着のときより、売上が増えると考えます。JRAのシナリオがあるなら・・・

---------------------------------------

 新聞情報で、
  重賞2勝馬不在・・・今年は重賞を2勝以上した馬が出走していない。
  過去10年間で同様なケースは3回あったが、いずれも一番人気は
  2着以内に入れなかった。

  重賞勝ち馬の出走頭数・・・2008年重賞勝ち馬9頭が今までの最高
  いずれも重賞をひとつずつ勝っていた。今年は、10頭いる。

  重賞勝ちのなかった馬が勝った。
  
  この3年間はいずれも18番が連帯している。
  
  重賞とはGⅠ、GⅡ、GⅢレースとして、数えてみると10頭いる。
  重賞未勝利の馬は、8頭

  02 ギンザボナンザ    オープン勝ち 
  05 モトヒメ       オープン勝ち
  06 ワイルドラズベリー  オープン勝ち
  10 レディアルバローザ  GⅡ 3着
  11 エーシンリターンズ  オープン勝ち
  13 アニメイトバイオ   オープン2着、GⅠ 2着、GⅡ 2着
  16 ラナンキュラス    GⅡ 2着、GⅠ 4着 
  18 プリンセスメモリー  GⅢ 2着、オープン3着

  オープン勝ちなし(近3走)から1着候補
  13 アニメイトバイオ   オープン2着、GⅠ 2着、GⅡ 2着
  2着候補として、
   新潟2歳S 8枠 17 シンメイフジ
  馬単予想 13-17 105.7倍 万馬券
  13 馬体重 450kg -20kg -4.65%
  17 馬体重 458kg  +6kg +1.33%
     
----------------------------------------
 結果 9-8-11(1番人気⇒3番人気⇒11番人気)
    予想は外れです。波乱は起こりませんでした。
    09 アパパネ      関東      前走 チューリ2着
    08 オウケンサクラ   関西 騎手変更    フラワー1着 チューリ4着
    11 エーシンリターンズ 関西 騎手変更    チューリ3着
    01 ショウリュウムーン 関西 騎手変更    チューリ1着

    チューリの1着から4着が順位は変わりましたがそのまま入った形です。
    1着から4着の馬体重の増減 0から+4kg

    1着 関東馬 アパパネは、西の栗東トレーニングセンター留学中
    2着から4着も関西馬、栗東トレーニングセンターの有利は変わらない。
    関東馬は、輸送の負担が大きいのかも。
    
    2着、3着とも騎手変更 後藤から安藤勝、岩田康から福永
    2着から5着まで騎手変更 4着 木村健から佐藤哲
    5着 蛯名から横山
    1着から7着まで1600m一着経験あり。(1600m勝ち9頭)

    13は8着、17は6着
    チューリ1着の1 ショウリュウムーンは4着
    2番人気 3 アプリコットフィズは5着

  荒れると考えて、馬券を購入しましたがふたを開けると堅い結果になりました。
  次のクラシック 皐月賞は荒れるのではないかと考えています。
  2週連続堅い結果だと、JRAの売上が落ちるから・・・・・・・?

  
スポンサーサイト
23:38:07 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クラシック三冠の第1関門!「第70回 皐月賞」 | ホーム | 速読法 脳元気!ラクラク速読術  ためしてガッテン NHK>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3044-eddeefaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。