スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
いじめに負けない心理学
2010 / 03 / 23 ( Tue )
加藤 諦三 著

表紙
 早く気づいてほしい

表紙折込
 弱さのために幸せになれないという不公平
 対立は人生を幅広いものにしてくれる
 自分を安売りするのは自分を嫌っているからだ。
 感情的恐喝には強く出るのが鉄則。

裏表紙折込
 助けてあげる口で言う人は助けてくれない
 ドラ息子が親にクルマをせびる本当に理由
 憎み合う夫婦は直接対立のかわりに子どもをいびる
 タフで自信があって、心のない人

帯には
 あなたが変わらなければ、他人からいいように扱われる。
 
 「他人からいいように扱われる人」は優しくて弱い。
 そして優しさの裏にある弱さをずるい人に利用される。
 そしてその結果として深い悩みに陥っていく。

 この本は、何とかしてその心理的弱者が卑怯者からいいように
 扱わられないためにはどうしたらいいのか、を考えて本である。

 また苛められる人がどういうことに気がつけば、苛められないで
 生きていかれるのかを書いた本である。

いじめに負けない心理学―早く気づいてほしいいじめに負けない心理学―早く気づいてほしい
(1999/11)
加藤 諦三

商品詳細を見る
スポンサーサイト
20:26:38 | 精神世界と心 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<格差病社会 日本人の心理構造 | ホーム | 魂の療法 ワイス博士の人生を癒すメッセージ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/3027-40ef2495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。