スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ひざの痛みとマッサージのこと。
2010 / 02 / 08 ( Mon )
膝の痛みがぶり返してきました。
最近は、肩も痛み出しました。

ドラッグストアで、飲み薬とシップ薬を購入して使用しましたがうまくいきません。

医者に行こうと考え、整形外科に行き、飲み薬とシップ薬を処方してもらい
使用すると、多少の痛みが緩和された気がしました。
医者でレントゲンを撮りましたが、骨や軟骨などに異常なし ちょっと安心しました。 
電気療法を受けました。

テレビで見たマッサージの人が、左の膝の痛みをなくす施術をしていたことと
温泉で、自分で揉むといいよという話を聞いて、温泉に行きました。
温泉から帰ってくるとなんだか、直ったように思えました。

また、原因が痛みの出る前日に行った運動が原因であろうと思いつきました。
原因さえわかれば、ただの筋肉痛なら時間が経てば直るだろうと思っていました。

温泉から帰り、一週間が過ぎて、痛みがおさまり、安心していると、膝の痛みとは
別に肩も痛くなってきました。膝の痛みも再び出てきました。


医者ではなく、マッサージを受けようと思い調べてみました。
 中国リフレクソロジー、タイ古式マッサージ、整体、リラクゼーション
 カイロプラティック、リフレクソロジー、足ツボ、リンパデトックスなどなど・・・・・・
 色々種類があり、判断に困ります。
 値段も様々ですが、医療保険等は使用できない。民間療法のようです。

 そこで、TVで見たひざ痛を直した力士ご用達のマッサージ店をインターネットで
 探してみました。

 店舗は、東京都墨田区両国の中元整骨院でした。
 中元整骨院は、日本相撲協会チーフトレーナーの中元皓希与院長が、平成十七年十月に
 開院したそうです。

 マッサージではなくて、整骨院なんだと思いました。
 接骨院や整骨院は、国家資格である「柔道整復師」という資格を持つ人が治療をしてくれる
 診療所のことのようです。
  法律上は柔道整復は医業に含まれない。厚労省は柔道整復師が業として行う柔道整復を
 医師が行う「診療」とは区別して「施術」と呼んでいる。

 このほか、国家資格が必要とされる行為には、 あん摩マッサージ指圧師、はり師 、 きゅう師
 などがあるようです。

あん摩マッサージ指圧師 無資格者問題 (By ウィッキペディア)
 名称の如何に関わらず、マッサージを業とできる者は「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」
のみ(業務独占)であり、無免許でこれらの行為を業として行ったものは処罰の対象となる。

 しかし、1960年1月27日のHS式高周波器の使用に関わる最高裁判所判決に基づき、「当該医業
類似行為の施術が医学的観点から少しでも人体に危害を及ぼすおそれがあれば、 人の健康に害
を及ぼす恐れがあるものとして禁止処罰の対象となる」が 「実際に禁止処罰を行なうには
単に業として人に施術を行なったという事実を認定するだけでなく、その施術が人の健康に害
を及ぼす恐れがあることの認定が必要である。」
(1960年3月30日付医発第247号の一各都道府県知事あて厚生省医務局長通知)

 この見解に基き、「整体」「カイロプラクティック」「足のツボ療法(リフレクソロジーを含む)」
「リラクゼーション」などの名称でのマッサージ業類似行為をする者が後を絶たない。
-----------------------------------------------

整体(せいたい)(by ウィッキペデイア)
 脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)等の体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と
骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具にて行うことで、症状の改善や治療を
おこなう民間療法の一種である。「整体術」「整体法」「整体療法」と呼ばれることもある。

 現在の整体は、日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法を中心とする整体、伝統
中国医学の手技療法を中心とする整体、大正時代に日本に伝わったオステオパシーや
カイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法を中心とする整体、当時の治療家たちの
独自の工夫などを加えた整体など多種多様である

-----------------------------------------------

インターネットで調べてみると、整体も整骨院も多くあるようです。
体の調子が悪い人にとって、直れば国家資格であろうが、そうでなくても関係はないのが
本音だと思います。

近くの広義の整体(いろいろ)か整骨院か、再度医者に行くのか考えてしまいました。

運動をして、筋肉をつけて、体重を減らして膝の負担を減らすこと。
節制して、食事制限を守ることが大事なように思えてきました。
ダイエットを行わなければならないでしょう。
スポンサーサイト
16:29:47 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<下半身がやせる!骨盤の歪み直し100のコツ | ホーム | ここまで解けた!古代史 残された謎 あの人物・事件・遺跡の常識を180度覆す>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2976-89e3d011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。