スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
体重減量の方法 ご飯をお粥に
2009 / 12 / 15 ( Tue )
先日、ダイエットに成功した人に方法を聞きました。

 1)食事制限
   朝:サンドイッチ
   昼:おにぎり2こ
   夜:野菜サラダ

 2)運動
   バスから徒歩へ 毎日
   一駅歩く
   休日はランニング

昼食を抜くなど、食事の回数を減らす事はしない。逆に少ない食事回数で体の栄養吸収が
良くなり、太るとのこと。

3ヵ月で17Kg減量したとのこと。減量すると筋肉が減るのでランニングを始めたとのこと。

自分は、昼抜きでしたが、その分夜はたっぷり食事を取っていました。
体重が増えて、腹回りが大幅に増えました。

刑務所の健康管理で、ごはんをおかゆに変更して、体重を減らした事例がありました。
刑務所では、お替わりはなし 茶碗一杯のみ、おかゆにすると食べる量は大幅に減るとのことです。

体重が大幅に減少している人、多少減っている人がいて効果は人によるみたいでした。
ご飯の量を通常の1/4にして、お茶をかけて食べれば同じ効果がでるかもしれません。
試してみようかと思います。

ご飯をおかゆに変えるだけダイエットができるかもしれません。

---------------------------------------------
【社会】肥満や高血圧の受刑者にお粥を食べさせるのは人権侵害だ! 大阪弁護士会が勧告
大阪弁護士会は14日、大阪刑務所の受刑者ら5人が肥満や高血圧などを理由にかゆの食事を
強制させられたとして申し立てていた人権救済について「生命の危険があったとは認められず、
かゆ食が生命維持に必要だったとはいえない」として人権侵害を認め、刑務所に改善を勧告した。

勧告書によると、32~53歳の男性で、05~07年のうち約2カ月~約1年4カ月間
通常の米食ではなく、かゆを本人の意思に反して食べさせられた。刑務所側は「ダイエットを
再三指導したが従わないため、減量目的だった」などとしていた。

これに対し、弁護士会は「(高血圧などは)命に影響を与えるものではなく、
かゆが即効性のある治療方法とも考えられない。
刑事収容施設法が保障する医療措置に関する自己決定権を侵害している」などと指摘した。【堀川剛護】

12月14日19時23分配信 毎日新聞 <大阪刑務所>かゆ食強制は「人権侵害」 大阪弁護士会勧告
---------------------------------------------

ムショメシ 刑務所の食事を紹介している本がありました。

ムショメシムショメシ
(2008/12/10)
川保 天骨籔中 博章

商品詳細を見る
スポンサーサイト
15:37:10 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<よくわかる鉄道知識 | ホーム | あみプレミアム・アウトレットへ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2901-ea02c38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。