スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
今、仁川に舞い降りる2歳ヒロイン!「第61回 阪神ジュベナイルフィリーズ」
2009 / 12 / 09 ( Wed )
JRAホームページから

今、仁川に舞い降りる2歳ヒロイン!「第61回 阪神ジュベナイルフィリーズ」

オープンクラスでの実績は不要!
 まず、過去10年間の出走馬を、前走の条件別成績に分けて見ると、最多の3着以内馬12頭を送り出して
いるのは、前走「GIII・JpnIII」 組。しかし、率の上では、優勝例こそないものの、3着内率のトップは
「新馬」組の31.3%。
 また、新コースでの過去3年の優勝馬では、2006年のウオッカと2007年のトールポピーが共に前走
「500万下」で2着、昨年のブエナビスタは「未勝利」を勝ち上がったばかりだった。
以前は重賞で好走した馬の活躍が目立っていたが、近年は“実績よりも素質”が求められる傾向が
強まっているようだ。


前走1・2番人気馬が優勢!
 2004年のショウナンパントル、2005年のテイエムプリキュアと「8番人気」で優勝した馬が2頭いるなど
このレースでは伏兵馬が好走するケースは多い。しかし、前走の単勝人気別成績を見ると、3着以内馬30頭
のうち28頭が、そのレースで「5番人気以内」に支持されていた。
前走「6番人気以下」で3着以内に入ったのは、2001年優勝のタムロチェリー(前走8番人気)、2004年2着
のアンブロワーズ(同6番人気)のみだが、この2頭はともに重賞勝ちの実績があった。
ただ、近3年について3着以内馬9頭の前走の単勝人気を見てみると、「1番人気」が6頭、「2番人気」
が2頭、「3番人気」が1頭と、単勝人気が上位の馬ほど好走する傾向にあり、今年も“前走の人気”は
要チェックだろう。


前々走の人気も重要項目!
 さらに、“キャリア2戦以上の馬”について、前々走の単勝人気を調べてみると、3着以内馬25頭中22頭が
前々走で「3番人気以内」の支持を集めていた。これは“前走人気”(3番人気以内が3着内数24頭)を
上回る数字で、注目したいデータだ。また、近3年の3着以内馬9頭中7頭(残る2頭はキャリア1戦)が
すべて前々走で「3番人気以内」だった。前々走「4番人気以下」で3着以内に入ったのは、前記2001年優勝
のタムロチェリー(前々走15番人気)と同年3着のオースミコスモ(同6番人気)、2005年優勝の
テイエムプリキュア(同5番人気)の3頭だが、タムロチェリーは重賞勝ち馬、残るオースミコスモ
テイエムプリキュアは、ともにデビュー以来無敗の2連勝でこのレースに臨んでいた。〔表3〕

少ないキャリアの馬が優勢!
 通算出走回数別の成績では、キャリア「3戦以下」の馬が3着以内馬24頭を送り出しているのに対して
キャリア「4戦以上」の馬は同6頭にとどまっている。キャリア「3戦以下」の出走馬は93頭
「4戦以上」の出走馬は83頭とその差が10頭しかない中で、実に4倍の差がついていた。
3着内率の数値を見ても明らかなように、キャリアの少ない馬が断然上位の成績を残している。
また、近3年の3着以内馬9頭を見ても、キャリア「3戦以下」の馬が7頭、「4戦以上」の馬が2頭と
同様の傾向を示していた。


結果 18アパパネ⇒6アニメイトバイオ⇒15ベストクルーズ
 
予想したのは 9カクスドール⇒6アニメイトバイオ⇒16シンメイフジでした。
ゲームセンターの競馬ゲームでの結果を参考にしました。
土曜日にたまたまゲームセンターの競馬ゲームで阪神ジュベナイルフィリーズのレースがあり
実際に走る馬の名前がありました。
9カクスドールは、8着 又、注目していた三浦騎手の2ジュエルオブナイルは11着

日経新聞夕刊予想の6頭
07ラナンキュロスは4着(母はGⅠ3勝のファレノプシズ)
06アニメイトバイオは2着(前走 牡馬に混じって2着)
18アパパネは1着(東京芝1600m連勝、レコード更新)
08タガノエリザベートは6着(前走重賞勝ち)
16シンメイフジは5着(前走重賞勝ち)
15ベストクルーズは3着(前走重賞2着 好位置から伸びる)

1着から6着に一番人気から六番人気の馬が入る。
1着 2番人気 2着 5番人気 3着 6番人気

今年のGⅠレースも残すところ2つ、次週の「第61回 朝日杯フューチュリティステークス」
と次の週の今年最後を飾るグランドフィナーレ!「第54回 有馬記念」で終わりです。
ここまでにはあてたいと思います。
スポンサーサイト
23:01:18 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2009ミステリーベスト10 国内部門 | ホーム | たったひとりの反乱 NHK 三週連続 ドキュメンタリードラマ番組>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2895-89a30988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。