スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
第29回 ジャパンカップ
2009 / 11 / 26 ( Thu )
JRAホームページから 29日東京 10レース ジャパンカップ(G1)国際2400メートル

結果 5-10-6 一番人気⇒二番人気⇒六番人気、四着には16番(外国馬)
   一着から三着の馬は、すべて年内に国内G1優勝している。
   残りの一頭は8で8着だった。格で購入すればよかったかも・・・・


日本馬が優勢!
騎手は外国勢に注目!
⇒日本馬に乗る外国騎手に注目

「天皇賞(秋)」組、「菊花賞」組が中心!

「日本馬」の前走のレース別成績を調査したところ、3着以内馬23頭中19頭が、前走で
「天皇賞(秋)」か「菊花賞」に出走していた。
連対率や3着内率を見ても、前走が「天皇賞(秋)」か「菊花賞」だった馬は、
「その他のレース」に出走していた馬を大きく上回っている。
⇒一着にカギっていえば、天皇賞(秋)、菊花賞以外のレースのほうが上回っている。

前走が「天皇賞(秋)」か「菊花賞」だった「日本馬」について、前走の着順別成績を調査
したところ、3着以内馬19頭中17頭が、前走でも「5着以内」に健闘していた。
「天皇賞(秋)」や「菊花賞」で優秀なパフォーマンスを見せていた馬には引き続き注目したい。
⇒馬券対象は前走5着以内


外枠は割り引き!?

東京競馬場が改修された2003年以降の過去6年間について、馬番別成績を調査したところ
3着以内馬18頭中15頭は、馬番「1~10番」からの発走だった。
「11番~18番」に入った馬は、勝率5.3%、3着内率(連対率)7.9%と、かなりの苦戦を強い
られている。芝2400mの長丁場とはいえ、コースロスのある外枠は不利に働くようだ。

【検討】自分の注目する馬は・・・・・
 武豊から外国騎手に代わるウオッカ(勝っていないが騎手変更)
 武豊が乗るリーチザクラウン(逃げ馬 最近人気薄の逃げ馬が穴を開けている) 
 前年優勝コンビのスクリーンヒーロー(日本馬と外国騎手)
 3歳牝馬で斤量の少ないレッドディザイア
 天皇賞(春)一着のマイネルキッツ
 レーティングが一番高いコンデュイット(愛) Conduit
 アメリカからの参戦の3頭

枠決定
1-1 アサクサキングス(牡5、岩田康誠・大久保龍志)       天皇賞18   ×
1-2 ネヴァブション(牡6、北村宏司・伊藤正徳)          7ヶ月休養   ×
2-3 エアシェイディ(牡8、後藤浩輝・伊藤正徳)          天皇賞08   ×
2-4 エイシンデピュティ(牡7、戸崎圭太・野元昭)         天皇賞09   ×
3-5 ウオッカ(牝5、C.ルメール・角居勝彦)             天皇賞03   ● 外・内○
3-6 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)         秋華賞01   ○ 斤量小○
4-7 ジャストアズウェル(牡6、J.ルパルー・J.シェパード)  カナダ05   ○  外・外 堅実○
4-8 マイネルキッツ(牡6、松岡正海・国枝栄)           京都大07   ×     
5-9 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)          菊花賞05   ○ 逃げ馬    
5-10 オウケンブルースリ(牡4、内田博幸・音無秀孝)      天皇賞04   ○ 府中×  
6-11 マーシュサイド(牡6、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)  カナダ04   ○  外・外
6-12 シンティロ(牡4、G.モッセ・R.ハノン)              フランス06  × 外・外
7-13 ヤマニンキングリー(牡4、柴山雄一・河内洋)        天皇賞07   ×
7-14 インティライミ(牡7、C.スミヨン・佐々木晶三)         京都08    × 外・内○
7-15 インターパテイション(セン7、D.コーエン・R.バーバラ)    米国01    ○ 外・外
8-16 コンデュイット(牡4、R.ムーア・M.スタウト)   米国01 ○  外・外 高速○ 種牡馬入×
8-17 コスモバルク(牡8、五十嵐冬樹・田部和則)         天皇賞14   ×
8-18 スクリーンヒーロー(牡5、M.デムーロ・鹿戸雄一)      天皇賞02   ◎ 外・内 東京○

枠決定 一次選定
3-5 ウオッカ(牝5、C.ルメール・角居勝彦)             天皇賞03   ● 外・内○
3-6 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)         秋華賞01   ○ 斤量小○
4-7 ジャストアズウェル(牡6、J.ルパルー・J.シェパード)  カナダ05   ○  外・外 堅実○
4-8 マイネルキッツ(牡6、松岡正海・国枝栄)           京都大07   × 天皇賞春○ 
5-9 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)          菊花賞05   ○ 逃げ馬    
6-11 マーシュサイド(牡6、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)  カナダ04   ○  外・外
7-14 インティライミ(牡7、C.スミヨン・佐々木晶三)         京都08    × 外・内○
8-16 コンデュイット(牡4、R.ムーア・M.スタウト)   米国01 ○  外・外 高速○ 種牡馬入×
8-18 スクリーンヒーロー(牡5、M.デムーロ・鹿戸雄一)      天皇賞02   ◎ 外・内 東京○
※結果 5-10-6 この時点で2着の10が消えている。


枠決定 二次選定 内枠有利
3-5 ウオッカ(牝5、C.ルメール・角居勝彦)             天皇賞03   ● 外・内○
3-6 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)         秋華賞01   ○ 斤量小○
4-7 ジャストアズウェル(牡6、J.ルパルー・J.シェパード)  カナダ05   ○  外・外 堅実○
4-8 マイネルキッツ(牡6、松岡正海・国枝栄)           京都大07   × 天皇賞春○ 
5-9 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)          菊花賞05   ○ 逃げ馬  
※結果 5-10-6 一着5 三着6は残る

枠決定 補正 年度代表馬                   前      評価     予想順位
2-4 エイシンデピュティ(牡7、戸崎圭太・野元昭)         天皇賞09   × 03
   宝塚記念 一着(昨年)
3-6 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)        秋華賞01   ○ 斤量小○   01
   秋華賞 一着
4-8 マイネルキッツ(牡6、松岡正海・国枝栄)          京都大07   × 天皇賞春○ 02
   天皇賞(春) 一着
※結果 5-10-6 一着5が消えた。

年度代表馬にどの馬がふさわしいかを考えると、候補はこの3頭ではないか。
ココを勝って、有馬記念を制すれば文句なしだと思います。
3頭 3連単 6通り


再度検討しました。本命9、対抗18、注6、三着候補 5、10
枠決定 再検討 
2-4 エイシンデピュティ(牡7、戸崎圭太・野元昭)   天皇賞09  △ 昨年宝塚記念優勝
3-5 ウオッカ(牝5、C.ルメール・角居勝彦)       天皇賞03  ★ 外・内○
3-6 レッドディザイア(牝3、四位洋文・松永幹夫)   秋華賞01  ▲ 斤量小○ 距離適性
5-9 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)    菊花賞05  ◎ 逃げ馬 安定感
5-10 オウケンブルースリ(牡4、内田博幸・音無秀孝)天皇賞04  ★ 府中×  
7-13 ヤマニンキングリー(牡4、柴山雄一・河内洋)  天皇賞07  △ ブエナビスタに勝利
8-18 スクリーンヒーロー(牡5、M.デムーロ・鹿戸雄一)天皇賞02  ○ 外・内 東京○
※結果 5-10-6 一着から三着がある。

最終購入馬券 3種類 6通り
  馬単 9(3歳 5番人気)⇒18(5歳 4番人気) 
     9⇒6(3歳 6番人気)  9⇒5(5歳 1番人気) 3通り
  三連単 9⇒18⇒5(5歳) 9⇒18⇒10(4歳 2番人気)     2通り
  三連複 6⇔9⇔18                      1通り

※結果 5-10-6 一着から三着の馬は残っているが、馬券としてはハズレ
  ここで、9、18、6、5、10の5頭BOX三連複にしていれば、当たっている。

外国馬は考慮対象外とする。馬券対象はは日本馬のみ
 最近G1 2レースとも逃げ馬が連に絡んでいる。 本命 9 リーチザクラウン(G1優勝なし)
 昨年 ジャパンカップ優勝馬 対抗 18 スクリーンヒーロー2着(G1優勝)
 押さえで、2着候補 6 レッドディザイア(G1優勝)、5 ウオッカ(G1優勝)を追加
 3着候補を、5 ウオッカと10 オウケンブルースリ(G1優勝)
 押さえで、三連複を1点 本命9、対抗18、注6

次のジャパンカップダートに期待しようと思う。
 ・1年以内にG1優勝していること。
 ・前々走と前走を比較して、人気は変わらないが順位が落ちていること。
 この2点に該当する馬がいたら迷わず購入することにしましょう。
スポンサーサイト
00:27:20 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第10回 ジャパンカップダート | ホーム | 建設中 羽田国際ターミナル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2881-16fa7fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。