スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
灼眼のシャナ 灼眼のシャナⅡ
2009 / 11 / 10 ( Tue )
高橋 弥七郎 著
 イラスト いとうのいぢ

表紙折込
  新学期が始まったばかりの高校生・酒井悠ニは、いつものように”日常”を生活
 していた。だが、彼はある日突然、”非日常”に襲われる。人の存在を灯りに変え
 その灯りを吸い取る謎の男、フリアグネに襲われたのだ。

  悠二の日常生活は壊れた。しかし、同時に、彼の前に一人の少女が現れた。
 少女はフリアグネから悠二を護るため、悠二のそばで生活を始める。悠二は感謝を
 こめてお礼を言うが、少女はこう呟く。
 「お前はもう存在していないのいよ」

  自分はすでに死んでいる!?存在亡き者、悠二が考え、思うこととは・・・・・・・!?
 奇才・高橋弥七郎が贈る、奇妙な学園ストーリー!

灼眼のシャナ (電撃文庫)灼眼のシャナ (電撃文庫)
(2002/11)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る




灼眼のシャナⅡ
高橋 弥七郎 著
 イラスト いとうのいぢ

  すでに存在亡き者だった悠二。彼は自分の存在の消失を知り絶望するが、その内に秘める
 宝具「零時迷子」の能力でどうにか普段どおり生活していた。
  悠二を護る謎の少女・シャナ。彼女は彼女なりに、そんな悠二に活を入れようとするが
 どうにもうまくいかない。二人の間にはいつしか心の歪みができていた。
 すれちがう二人。そして、それに呼応するように一人のフレイムヘイズがやってくる・・・・・・・。

灼眼のシャナ〈2〉 (電撃文庫)灼眼のシャナ〈2〉 (電撃文庫)
(2003/04)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る


子どもが読んでいました。こどもがライトノベルだといっていました。
イラストなどがある若者向けの小説をライトノベルということでした。

灼眼のシャナは電撃文庫から19巻はでているようです。

灼眼のシャナ
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 『灼眼のシャナ』(しゃくがんのシャナ)は電撃文庫から刊行されている
高橋弥七郎のライトノベル。
また、これを原作とする漫画・アニメ・ゲーム・ドラマCD作品である。略称は「シャナ」
原作のイラストはいとうのいぢ。

人知れず行われる異世界の住人と異能力者との戦いを背景に、平凡な高校生活を
送っていた少年と、異能力者の1人である少女との出逢いを発端とした、日常生活と
戦いの日々を描く物語作品。

灼眼のシャナ公式サイト

スポンサーサイト
23:34:58 | 子供に読ませたい本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パソコン修理不能 補修部品の保有年数 発売開始から5年6ヶ月 | ホーム | 競馬の研究>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2871-780bf314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。