スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
成田空港(B滑走路)延伸前倒し 10月22日開始
2009 / 10 / 21 ( Wed )
成田空港のB滑走路延伸が前倒しで明日10月22日から始まるとのことです。
320メートルの延伸だそうです。延伸後の滑走路は2500メートルになるとのことです。
 記事からは、騒音問題で抑えていた発着回数を1割増やすそうです。
滑走路ができても、騒音問題で発着回数は増やせないんですね。

 千葉県の森田知事と前原国土交通大臣の騒ぎは、今回の延伸を見越した
パフォーマンスのためのやらせかもと思ってしまいます。
羽田空港のハブ化を阻止するという名目で抗議したあとで、滑走路延伸で発着回数
を増やしても、羽田空港のハブ化に対抗するためといえば文句は言えないという
理由で・・・・・・。

 何はともあれ、成田空港の滑走路延長はいいことだと思います。
今年、成田空港で貨物専用機が着陸失敗で炎上し、操縦士2名がお亡くなりになりました。
中国からの貨物専用機だったと思います。滑走路の復旧は比較的早かったですが
成田空港が使えず、そのブンは羽田空港などで対応したように思います。

 なんらかの理由で滑走路が使えなくなったときに、予備の滑走路があるのは
リスク対策上も必要だと思います。 


【記事】
延伸B滑走路、22日供用開始=2500メートル化、大型機も利用可能に-成田空港
10月21日14時19分配信 時事通信

 成田空港(千葉県成田市)の2本目の滑走路(B滑走路)が当初計画通りの長さ2500メートル
に延伸され、22日朝、供用が始まる。これにより同空港ではA滑走路(4000メートル)と合わせ
ジャンボ機など大型機が発着可能な滑走路が2本となる。
成田空港会社は来春、騒音問題が理由で年間20万回に抑えていた発着回数を22万回に増やす。

 空港会社は滑走路延伸をてこに、アジアの国際ハブ(拠点)空港を目指すが、前原誠司国土
交通相の「羽田空港ハブ化」発言をはじめ、成田空港の位置付けを見直す動きも出始めており
前途は多難だ。

 成田空港のB滑走路は、南側に残る反対派農家らの未買収地のため、建設予定地を北側に
ずらして建設され、2002年4月にようやく供用開始となった。しかし長さが2180メートルと短い
ため大型機が発着できず、アジアなど近距離の国際線や国内線に利用が限られていた。

 03年1月にはエアージャパン機が南側へオーバーランする事故も発生。このため空港会社は
北側に滑走路を320メートル延伸することにした。
 当初、来年3月の供用開始予定だったが、3月の米フェデラル・エクスプレス機事故発生の際
にA滑走路が使用不能になり大きな影響が出たことなどから、供用開始を約半年繰り上げた。
スポンサーサイト
17:51:12 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<体重管理への新しい方法 食事抜き、短時間睡眠はだめとのこと | ホーム | 流通は変わるシリーズ 物流のはなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2819-be94d050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。