スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
福祉のしごと
2009 / 10 / 15 ( Thu )
一番ヶ瀬 康子 監修 川井 龍介 浜名 純 著

介護のしごと介護のしごと
(2000/08)
一番ヶ瀬 康子川井 龍介

商品詳細を見る


高校二年生の頃、進路を考えたとき、最初に考えたのは福祉関係の仕事につきたい。
そのための大学にいきたいと思ったことを憶えています。

そのため、最初に志望した大学は日本社会福祉大学でした。
図書館で、いろいろ調べていくと福祉の仕事をするのは、法学部のほうが
いい。その当時は、就職等に有利な福祉関係の資格もなく、法学部を
でたほうが仕事ができることが分かりました。

しばらくして、自分の進路を再度考えたとき、自分は本当に福祉関係の仕事が
したのだろうか。福祉関係の仕事の給料は安いということもしりました。
福祉関係を目指そうと思ったのは、ただ、自分がいかにいい人かをアピール
したいがためのみかもと思いました。

結局、工学部系の学校に進学しました。
いまでも、福祉の仕事には興味があります。

派遣切りが話題になったとき、再就職先に、福祉関係や農業関係が取り上げ
られていました。
二つとも仕事が厳しく、なかなか人が集まらないとのことでした。

福祉関係の仕事で、仕事に見合った収入が得られるようにしなければ
人が集まらないと思います。政治主導で、福祉の構造転換をしていただきたい
ものだと思います。
スポンサーサイト
13:48:41 | 陸運・その他業界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あなたの夢を叶える 5つの幸せチケット 願った運命に変わるシンデレラ・マジック | ホーム | あなたは、信じるだけでいい 夢の数だけ幸せになれる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2767-194ce21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。