スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
相手の気持ちをちょっと読めば仕事は不思議とうまくいく なぜか人が動き出す、仕事で大事な59のこと
2009 / 10 / 14 ( Wed )
信越化学工業株式会社顧問 早稲田大学大学院客員教授 金児 昭 著

帯には
 うまくいく人は出会ったみんなを味方にする。
 
 第一章 人づきあいで大事にしたいちょっとした習慣
 第二章 自分と相手を勇気づける
 第三章 叱り上手 叱られ上手になる
 第四章 よい関係をつくる伝え方 話し方
 第五章 相手の心を聞く
 第六章 信頼できる人、できない人
 第七章 人と出会いをつなぐ

表紙折込
 私のふだんの行動は、一見ていねいで相手のことを考えて動いているように
 見えるかもしれない。しかし、それは相手のことを考えての行動ではなく、
 そうしておくと実際、何かしら自分のためになることがこれまで必ずあったからだ。

 そうでなくても、相手が気分よくなると自分も嬉しくなると自分も嬉しくなるし 
 少なくとも自分にとってなにかしら得るところがある。

 そうしたら、やってみたほうが絶対にいい。
 走した行動を積み重ねていると、自然と周りの人たちもこちらのペースに引き込まれて
 協力してくれたり、助けてくれたりするのである。

相手の気持ちをちょっと読めば仕事は不思議とうまくいく―なぜか人が動き出す、仕事で大事な59のこと相手の気持ちをちょっと読めば仕事は不思議とうまくいく―なぜか人が動き出す、仕事で大事な59のこと
(2004/07)
金児 昭

商品詳細を見る

スポンサーサイト
19:36:42 | 人間関係・世の中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<80点コロッケ 涙があふれて心が温かくなる話 | ホーム | 代議士秘書は知っている>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2744-dbdec96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。