スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
工科系のための統計概論
2009 / 10 / 11 ( Sun )
I.ガットマン S.S.ウィルクス 著
 理学博士 石井恵一 理学博士 堀素夫 訳

表紙折込
 統計学の権威として世界的に著名な両教授が、とくに工科系の学生・技術者
 のためにまとめた、最新の統計学概論である。

 従来の類書と違って、はじめに数学的な基礎付けをきちんと与えたうえで
 応用上の実際問題に即した解説に進むという行き方をとっている点が大きな
 特色になっている。

 先ず前半で確率の基礎概念を具体例をあげながら説いて、それをもとに実際の
 工学的応用例を手際よく折り込んだ各種の統計的手法についての解説を進めつつ
 抜き取り検査・品質管理等に応用できるよう配慮されている。

 さらに、付録として重要な諸定理をひとまとめにして参照の便ならしめるとともに
 演習問題を工業的な諸分野をはじめ、物理学・化学・生物学・医学・農学等の
 非常に広い範囲から250ほど精選して各章末に収め読者の理解をいっそう
 徹底させる。

 予備知識としては微積分の初歩までで十分であり、確率論、統計学の知識は
 まったく不要である。大学理工系各学科の2~3年生及び関連技術者等に
 最適のテキストまたは参考書である。


工科系のための統計概論工科系のための統計概論
(1999/08)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト
17:30:27 | 読まなきゃと思っている本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<天才少年投資家 マット・セト 108の法則 ウォール街を興奮させた株の新定石 | ホーム | 天才数学者、株にハマる 数字オンチのための投資の考え方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2674-c23f726d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。