スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
図解 損益分岐点がわかる本 こんなにも応用・活用できる 儲けるための考え方と手の打ち方
2009 / 08 / 26 ( Wed )
本間 建也 著

表紙折込
 ・これからの時代を生き抜いていくには、まず何がなんでも利益を上げること。
  それには経営者や管理者のみならず、社員の一人ひとりが損益分岐点を
  しっかりと把握し、儲けるためのノウハウを自分のものにすることだ。

 ・本書は、数式や図表を使った損益分岐点の求め方、費用分解の方法など
  を、誰にでもわかるように、図を十分に使ってやさしく解説。さらに、販売戦略や
  生産計画・利益計画などへの損益分岐点の応用法も、事例と共に数多く例示

 ・読み進むうちに、どんな不況下でも儲けを生み出す利益志向の考え方が自然と
  身につき、あらゆる場合に最善の手が打てるようになる。

 ・業種や職務にかかわらず、ビジネスマンには必読の書

損益分岐点がわかる本―図解損益分岐点がわかる本―図解
(1985/12)
本間 建也

商品詳細を見る
スポンサーサイト
22:17:25 | 読んだ本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<青木雄二漫画短編集 完全版1 ゼニの掟編 | ホーム | 反日を拒絶できる日本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2619-77ee9bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。