スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
佐渡島へ行こうと思う。
2009 / 05 / 23 ( Sat )
佐渡に行きたくなりました。

胡蝶の夢の主人公が佐渡島の出身として、描かれていました。
能力は凄くあるのに人間関係が上手くいかずに不遇に終わる
人が主人公です。

20ほど前、当時の上司に進められて読んだ記憶があります。
1~4巻あります。

胡蝶の夢 (第2巻) (新潮文庫)胡蝶の夢 (第2巻) (新潮文庫)
(1983/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



かみさんが子供の頃、家族で佐渡島に行こうとしたが、新潟に突いたときには
最終の船が出て行ったあとで、新潟で宿を捜して泊まって帰った記憶が
あるといっていました。

夏になったら、佐渡島にいこうと話していました。
ネックになるのは、佐渡に海を渡るための船運賃です。
それと、カーフェリーの船の本数が少ないこと。
新潟発→両津着(佐渡島)一日 5本、所要時間2時間半、出発1時間前には
船着場へ 3時間半は船に掛かります。


自動車を運ぶための運賃は自動車の長さが5m未満で往復で約三万円
(運転手の乗船料を含みます。)
同乗者がいれば、片道大人一人、一等で3230円
運転手含めて5名とすると、3230x8=25,840円(4名往復、運転手別)
合計で、約5万6千円も掛かります。

佐渡に行きたいと思っていたら、佐渡に渡る船会社の佐渡汽船
高速道路のETC割引に対抗して、自動車の運搬で往復2千円の
割引を始めるとインターネットで確認しました。

先ほどの計算で行くと、自動車運搬費用は往復2千円
人の運搬費は3230x10=32,300円(5名往復、運転手含む)
合計で、約3万4千円になります。通常料金に比べ、2万2千円安くなります。

早速7月の三連休で佐渡への旅の手配をしようとしましたが
宿はいっぱい、船も一杯でインターネットで注文を2回ほど入れましたが
2回とも、宿も船も取れませんでした。

夜に注文を入れますので、結果がわかるのが朝になります。
船が一杯だという連絡がメールで入り、後から宿が取れないという
連絡が2回とも入りました。

 1)新潟発 土曜日、両津発 日曜日
 2)新潟発 日曜日、両津発 月曜日(祝日) 
 
高速道道路のETC割引、佐渡汽船の自動車運送料割引とも
土日祝日ですから、7月の三連休は人気のようです。

結局、日にちをずらして予約ができました。
 3)新潟発 月曜日(祝日)、両津発 火曜日(平日)
 自動車運送料は下がりますが、帰りの高速道路は割引適用から
 外れます。料金的には、自動車運送料のダウントと高速道路のアップで
 とんとんかもしれません。

平日にかかるので、会社を休む必要があります。
佐渡金山、佐渡おけさ、トキ この3つしか佐渡の印象がありませんが
日本の孤島としては、一番大きいとのこと。
島としては、4番目大きい順に、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島。


佐渡島の歴史 [編集] by Wikipedia
大化の改新以後、8世紀以前に佐渡国が置かれた。古代から遠流の地とされ
順徳天皇、日蓮、日野資朝などが配流されている。 鎌倉時代以降は本間氏が
守護代として支配していたが、1589年(天正17年)に上杉景勝の侵攻を受けて
滅亡し、上杉氏の支配地となった。

関ヶ原の戦いの後、佐渡全島は徳川家の支配地となった。1601年(慶長6年)
佐渡金山が発見された。佐渡では戦国時代中期頃から鶴子銀山等で銀が採掘
されていたが、佐渡金山の産出量は群を抜いて多く、以降佐渡奉行のもとで幕府
による直轄支配が行われた。明治以降は佐渡県、後に相川県が置かれたが、
1876年(明治9年)には新潟県に編入された。
---------------------------------

今年のNHK大河ドラマ 天地人にでてくる越後の上杉景勝が佐渡島に
関係しているとは思いませんでした。関ヶ原で上杉家が西軍について
負けたため、国替えになり米沢に国替えになる。
今年、佐渡島に行くのはいいタイミングかもしれません。

---------------------------------
佐渡汽船 【本土発乗用車往復運賃特別割引】

土曜・日曜・祝日出発限定で、本土発乗用車往復運賃の特別割引を実施いたします。
 ぜひ、この機会に佐渡へお越しください。

●期 間 ≪土曜・日曜・祝日出発限定≫
       平成21年5月30日(土)~平成21年7月26日(日)

●運賃  乗用車一台往復(片道千円x2)
       運転者・同乗者の旅客運賃が別途必要

●発売箇所 新潟港 ・ 直江津港 ・ 寺泊港

●主な適用条件
1. 往路乗船が上記期間内の土曜・日曜・祝日の新潟発または直江津発で、乗用車
  (車両の長さが6m未満のものに限る)が往復または回遊する場合
  (復路は往路乗船日を含めて4日以内)に適用します。

2. 割引対象は乗用車のみとなります。
   (貨物車・自転車・バイクは割引対象外です)

3. 乗船券購入後、乗船日の変更により適用条件に該当しなくなった場合は、普通往復
   運賃との差額をいただきます。

4. 往路券使用後の復路券の払い戻しはできません。

●適用となる乗用車の範囲(車検証の記載内容をご確認ください)
1. 人を運送する乗車定員10人以下の普通自動車・小型自動車・軽自動車で
  分類番号が3、30-39、300-399、5、50-59、500-599、7、70-79、700-799
  8、80-89、800-899 のもの。
   (ただし、8、80-89、800-899 はキャンピングカーに限ります)

2. 貨物も運送できる乗車定員4人以上10人以下の普通自動車・小型自動車
   ・軽自動車で分類番号が1、10-19、100-199、4、40-49、400-499、6、60-69
   600-699 のもの。
   (乗車定員が4人以下の場合であってもカッコ書きで4人以上の最大定員が
    記載されている場合は割引対象となります)

3. 二輪自動車と原動機付き自転車(50cc以下を除く)で、側車及び屋根付きのもの。
   (3m未満の乗用車として取り扱います)



スポンサーサイト
23:28:15 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<映画 トゥルーライズをテレビで見ました。 | ホーム | アクアライン 通行料 8月1日から800円>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2471-69509fa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。