スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
吹割の滝(栃木県)と渋滞対処法
2009 / 05 / 17 ( Sun )
片品川沿いの国道120線(沼田街道)は、丸沼・菅沼、そして金精峠(1880m)経由
奥日光へ抜ける道ともなっている。

日本の名瀑(ばく)百選の一つ、沼田市利根町の片品川にある「吹割の滝」

鱒飛の滝を過ぎて歩くと、吹割の滝でした。
地面に吸い込まれるにも見えます。

奇岩が1.5kmに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ
そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられたそうです。

20090517220605



20090517220556



20090517220547


吹割の滝 から帰路へ、関越自動車道の沼田ICから東京へ向いました。
渋滞情報あり、インターネットで見つけた渋滞回避作戦を実施しました。

渋滞回避作戦 渋滞情報を知ったときから実施する。
 1)追い越し車線は走らない。
 2)できれば、一番左の車線を走行する。入ってくる車がいやだったら
   3車線の場合は、真中の車線を走行
 3)スピード出さない。
 4)80メートル以上の車間距離を開ける。
 5)割り込まれても、車間距離を確保する。


渋滞回避作戦の実施
 1)追い越し車線を走行する車は、絶えずブレーキを踏んでいる。
   今回の作戦ではブレーキを踏むことが少なかった。
 2)同じように真中車線を、車間距離を確保して走行している車があった。
 3)割り込み車両は、2台しかなかった。
 4)渋滞情報を知ってからすぐに作戦を実施した。
 5)結果、大きな渋滞に巻き込まれずにカーナビの予定時間に
   帰ることができた。

著書「渋滞学」で有名な渋滞学者、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻
の西成活裕教授に渋滞の実際と、“究極”の渋滞回避術について伺った。
これであなたも渋滞&渋滞ストレスから解放される!


渋滞学 (新潮選書)渋滞学 (新潮選書)
(2006/09/21)
西成 活裕

商品詳細を見る


スポンサーサイト
22:06:13 | 雑感・独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<現代版 ナスカの地上絵 種まき技法で制作 | ホーム | 鱒飛の滝 吹割の滝ルート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://como4976.blog62.fc2.com/tb.php/2460-337f6204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。