スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
第20回函館スプリントステークスの検討
2013 / 06 / 11 ( Tue )
第20回函館スプリントステークスを検討する。

誰も教えてくれない競馬理論から

『ドリームバレンチノの連覇なるか? 』

高松宮記念
2着のドリームバレンチノ(松山弘平):本命級
 絶対視までは禁物と判断している。

京王杯スプリングカップ
9着のテイエムオオタカ(戸崎圭太):粘りこみ
14着のパドトロワ(勝浦正樹)  :内枠の場合

ヴィクトリアマイル
15着のアドマイヤセプター(北村宏):粘りこみ


福島民友カップ
1着のアウトクラトール(伊藤工真) 圧倒的ではない
2着のフォーエバーマーク(三浦皇成)1着より上
14着のビウイッチアス(宮崎北斗)  下

鞍馬ステークス組
2着のスギノエンデバー(北村友一) 重賞級
4着のシュプリームギフト(須貝尚介)展開の助け
7着のアフォード(村田一誠)    下
8着のハノハノ(酒井学)      下

ディープインパクトカップ組
1着のサクラアドニス        下
2着のクイーンズバーン(吉田隼人) 下

記事からの自分なりに考えると以下の3頭

ドリームバレンチノ(松山弘平):本命級   単勝 複勝
スギノエンデバー(北村友一) :重賞級   馬連
アドマイヤセプター(北村宏) :粘りこみ  三連単

馬券購入は、本命級の単勝、複勝
3頭の馬連、3連単 かも・・・
スポンサーサイト
22:25:06 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
数々のドラマが生まれた3歳マイルチャンピオン決定戦!「第18回 NHKマイルカップ」
2013 / 05 / 04 ( Sat )
JRAホームページから

2010年のダノンシャンティ、2011年のグランプリボス、
そして2012年のカレンブラックヒルと、ここ3年の
NHKマイルCはいずれも単勝1番人気馬が制している。

12年 01人→03人→15人
11年 01人→02人→04人
10年 01人→05人→03人
09年 10人→05人→03人
08年 01人→03人→14人

波乱の09年 好タイムで駆け抜けたジョーカプチーノ勝利
 共同通信杯を制したブレイクランアウト、
 毎日杯1着のアイアンルック
 ニュージーランドTの1着サンカルロ
 年明けの重賞を勝利馬たちが上位人気

 最内枠を引いたゲットフルマークスが大逃げ
 1000m通過57秒2という速いラップが刻まれた。
 これを2番手で追走したのがジョーカプチーノ

 ジョーカプチーノ(NZT3着)もまたファルコンSの1着馬。
 だが1200mでのタイトル、デビュー当初はダートを使われていたため
 10番人気と軽視されていた。

 鞍上・藤岡康太騎手がレース後に「一戦ごとに成長している」
 ゲットフルマークスから4馬身後方、後続集団には6馬身の差

 直線、後ろに構えていた有力馬たちが追撃体勢に入る。
 坂を上りながらのスパートし、残り200mの位置でゲットフルマークス
 を交わして先頭に立つと、そのまま一気に抜け出す。
 レッドスパーダ(スプリングS2着)が脚を伸ばしてきて2着
 3着にはグランプリエンゼル(橘ステークス1着)

 スプリント重賞でも通用するスピードを、ダートで磨いた粘り強さ
 で支えた、そんな快走で、キングカメハメハがマークしたレース
 レコードを0秒1更新した。


臨戦過程に注目!

過去10年の連対馬20頭は、いずれも前走で「JRAの重賞」に出走。
前走がオープン特別や500万下のレースだった馬は割引

 → 連帯候補 前走:重賞
  02,03,05,06,07,08,09,10,11,12 10頭

〔表1〕 前走の条件別成績(過去10年)

前走の条件 成績    勝率 連対率 3着内率
JRAの重賞 10-10-6-108 7.5% 14.9% 19.4%
JRAの重賞以外 0-0-4-42    0%   0% 8.7%

「JRAの重賞」だった馬のうち、そのレースで「3着以内」
に入っていた馬は3着内率30.6%と堅実だった。
前走で重賞に出走し、上位争いをしていた馬は比較的信頼

 → 前走重賞3着以内 03,06,10,15,17 5頭



〔表2〕前走が「JRAの重賞」だった馬の、
    そのレースの着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 8-6-1-34 16.3% 28.6% 30.6%
4着以下 2-4-5-74 2.4% 7.1% 12.9%
  計     10-10-6-108 7.5% 14.9% 19.4%


距離短縮組が優勢!

前走の距離別成績を見ると、前走で「1700m以上」のレースに
出走していた馬が3着内率26.9%と比較的優秀な好走率
「1500m以下」だった馬の連対例はなく、「1600m」だった馬
も3着内率15.3%とそれほど振るわない。
臨戦過程を比較する際は、前走の距離にも注目〔表3〕

 →前走1700m以上 10 1頭

〔表3〕前走の距離別成績(過去10年)

前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1500m以下 0-0-3-40 0% 0% 7.0%
1600m      6-4-3-72 7.1% 11.8% 15.3%
1700m以上 4-6-4-38 7.7% 19.2% 26.9%

JRAのGI で善戦した経験がある馬は堅実!

過去10年の3着以内馬30頭中14頭は、JRAのGI・JpnI で
8着以内となった経験がある馬だった。
JRAのGI・JpnI で8着以内となった経験がない馬は連対率8.7%
3着内率12.6%と、8着以内となった経験のある馬に比べやや苦戦

→ これは考慮しない

〔表4〕JRAのGI・JpnI で8着以内となった経験の有無別成績(過去10年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 3-6-5-39 5.7% 17.0% 26.4%
なし 7-4-5-111 5.5% 8.7% 12.6%

外枠の伏兵に要注意!?

単勝オッズが40倍以上だった馬の枠番別成績を見ると、
3着以内に好走した4頭はいずれも「5~8枠」の馬で
「1~4枠」の馬はすべて4着以下に敗れている。
昨年も、6枠12番のクラレントが単勝オッズ64.7倍の
低評価を覆して3着

→ 40倍以上の5~8枠の馬 16、18 2頭
  16 サトノネプチューン 岩田 73倍 皐月賞14着
  18 モグモグパクパク  北村 88倍 NZT6着

〔表5〕単勝オッズが40倍以上だった馬の、枠番別成績(過去10年)

枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1~4枠 0-0-0-28 0% 0% 0%
5~8枠 1-0-3-41 2.2% 2.2% 8.9%
計      1-0-3-69 1.4% 1.4% 5.5%

関西馬が強い!

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は「関西馬」だった。
3着以内に8頭を送り込む「関東馬」は3着内率11.1%と苦戦

→ これは考慮しない

〔表6〕 所属別成績(過去10年)

所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東馬 1-2-5-64 1.4% 4.2% 11.1%
関西馬 9-8-5-86 8.3% 15.7% 20.4%

過去5年に限ると「関東馬」は優勝例がなく、
3着内率も8.6%

〔表7〕 所属別成績(過去5年)

所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東馬 0-2-1-32 0% 5.7% 8.6%
関西馬 5-3-4-43 9.1% 14.5% 21.8%



前走着順の良かった重賞ウイナーが中心!

過去5年の優勝馬5頭は、いずれもJRAの重賞において
優勝経験のある馬だった。この5頭は前走で3着以内に入っていた
点も共通している。JRAの重賞を制した経験がない馬や
前走で4着以下に敗れていた馬が勝ち切る可能性は低い

勝ち馬:重賞勝ありで前走3着以内 15,17 2頭 

〔表8〕優勝馬の、JRAの重賞における最高着順と前走の着順(過去5年)

年度 馬名 JRAの重賞における最高着順 前走の着順
08年 ディープスカイ 1着(08年毎日杯) 1着
09年 ジョーカプチーノ 1着(09年ファルコンS) 3着
10年 ダノンシャンティ 1着(10年毎日杯) 1着
11年 グランプリボス 1着(10年朝日杯フューチュリティSほか) 3着
12年 カレンブラックヒル 1着(12年ニュージーランドT) 1着

--------------------------

 現在の自分の候補 人気薄から上位人気馬への馬連
 ◎ 17 インパルスヒーロー 田中   18倍 ファルコンS1着 重賞1勝
 ○ 15 エーシントップ   内田   04倍 NZT1着 重賞3勝
 ▲ 10 ガイヤースヴェルト C.ウィリアムズ 05倍 毎日杯2着 重賞0勝
 △ 07 ゴットフリート   戸崎   06倍 NZT9着 重賞0勝
 △ 06 レッドアリオン   川須   09倍 NZT2着 重賞0勝
 △ 09 コパノリチャード  福永   11倍 皐月賞13着 重賞1勝
--------------------------
 △ 03 ストーミングスター M.デムーロ  32倍 NZT3着 重賞0勝
 △ 13 シャイニープリンス 吉田豊  15倍 橘S1着 重賞0勝
 △ 14 ローガンサファイア 浜中   31倍 マーガレット1着 重賞0勝
 △ 11 カシノピカチュウ  C.デムーロ  16倍 NZT5着 重賞0勝
 △ 16 サトノネプチューン 岩田   73倍 皐月賞14着
 △ 18 モグモグパクオアク 北村   88倍 NZT6着
 
 再検討)17は前走1400mのため削除
   1着 重賞勝 15
   2着 重賞2着 06、07、10、11
   3着 外枠  16,18

--------------------------

   
実績上位
① 15)エーシントップ 
京王杯2歳S、シンザン記念、ニュージーランドTと3重賞
通算成績は6戦5勝。GI・朝日杯フューチュリティSで唯一の敗戦(8着)

② 17)インパルスヒーロー
未勝利→500万下(いずれも東京・芝1400m)→ファルコンS3連勝
全3勝を芝1400mで挙げているだけに、今回は芝1600mの距離適性

③ 09)コパノリチャード
芝1600mでGIII・アーリントンC優勝を含む〔2・1・0・0〕好成績
いずれもハナを切るか2番手を追走
中山・芝2000mが舞台となった前走の皐月賞では逃げて13着

④ 06)レッドアリオン
シンザン記念5着、アーリントンC3着 フローラルウォーク賞
(中京・芝1600m)1着、前走のニュージーランドT2着
徐々に力をつけている印象

⑤ 07)ゴットフリート
メイクデビュー中山ときんもくせい特別連勝、
GI・朝日杯フューチュリティS3着、共同通信杯でも2着
2歳王者ロゴタイプと同じローエングリン産駒

⑥ 14)ローガンサファイア
メイクデビュー函館(芝1200m)1着、その後は5戦して未勝利
前々走の500万下(阪神・芝1200m)で2勝目
前走のオープン特別・マーガレットS(阪神・芝1400m)を連勝

⑦ 03)ストーミングスター
ホッカイドウ競馬デビュー、ダート6戦2勝、今年1月JRA転入
2戦目の500万下(中山・ダート1200m)でJRA初勝利
初芝の前走のニュージーランドTで12番人気で3着

⑧ 10)ガイヤースヴェルト
3戦目初芝の毎日杯で2着、優勝馬キズナには3馬身差の完敗
タイムの1分46秒7も高評価
距離が200m短縮される今回も期待

⑨ 13)シャイニープリンス
初芝のオープン特別・橘S(京都・芝1400m)を快勝
3戦全勝と急激に台頭してきた一頭だ
関西遠征から帰厩して中1週

⑩ 12)フラムドグロワール
メイクデビュー東京(芝1400m)で初勝利、芙蓉S(中山・芝1600m)2着
→いちょうS(東京・芝1800m)優勝とオープン特別で実績を積み上げ
暮れの2歳王者決定戦・朝日杯フューチュリティSで4着
前走の京成杯では1番人気の支持、10着

⑪ 08)マイネルホウオウ
500万下のひいらぎ賞→オープン特別のジュニアCを連勝。

⑫ 11)カシノピカチュウ
メイクデビュー阪神(ダート1200m)を制し、500万下クラスで未勝利
ファルコンSでは11番人気、2着、前走のニュージーランドTでも
10番人気、5着

⑬ 18)モグモグパクパク
500万下の黒松賞→オープン特別のクリスマスローズSを連勝。
全3勝が芝1200m、最近2戦は、ファルコンSが0秒2差の4着
ニュージーランドTが0秒5差の6着

結果 大荒れ
 8 マイネルホウオウ  柴田大知 1:32.7 10
17 インパルスヒーロー 田中勝春 1:32.7 06
12 フラムドグロワール 横山典弘 1:32.8 08
08:09:50 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天皇賞枠順決定
2013 / 04 / 25 ( Thu )
11R 第147回 天皇賞(春)(GI)の枠順が発表された。


サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 定量
3200m 芝・右 外
本賞金: 13200、 5300、 3300、 2000、 1320万円
発走 15:40

1 トーセンラー     
2 サトノシュレン    2
3 デスペラード
4 ジャガーメイル    9
5 マイネルキッツ    5
6 フェノーメノ
7 アドマイヤラクティ  2
8 ゴールドシップ
9 ユニバーサルバンク  11
10 メイショウカンパク  8
11 トウカイトリック   5
12 フォゲッタブル    7
13 レッドガドー     7
14 コパノジングー    8
15 カポーティスター
16 トウカイパラダイス  4
17 レッドディビス    3
18 ムスカテール

①前走4着以下を削除 5、9,10、11,16の5頭カット 残13頭
②7歳以上を削除   4、12、13、14の4頭カット 残り9頭
③前走GⅡ以外削除  2、7、17の3頭 残り6頭
    
1 トーセンラー   5歳 ディープインパクト 現役時1着  
3 デスペラード   5歳 ネオユニバース
6 フェノーメノ   4歳 スティゴールド   現役時2着
8 ゴールドシップ  4歳 スティゴールド   現役時2着
15 カポーティスター 4歳 ハーツクライ
18 ムスカテール   5歳 マヤノトップガン  現役時1着

④父馬の現役時の天皇賞(春)成績から、
           3、15の2頭、残り4頭

1 トーセンラー   5歳 ディープインパクト 現役時1着  
6 フェノーメノ   4歳 スティゴールド   現役時2着
8 ゴールドシップ  4歳 スティゴールド   現役時2着
18 ムスカテール   5歳 マヤノトップガン  現役時1着

馬単 1(武豊)→6(蛯名)、8(内田)と18(福永)→6、8
   1→18、18→1
3連単 1→18→6、8、18→1→6、8

(結果) 1番人気が沈む、2、3、6人気で決まる・・・

06 フェノーメノ 牡4 蛯名正義 3:14.2
01 トーセンラー 牡5 武豊 3:14.4
13 レッドカドーせん7 G.モッセ 3:14.7
21:44:11 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天皇賞(春)2013 オカルト予想
2013 / 04 / 24 ( Wed )
2013年の天皇賞(春)の一番日記は、たぶんゴールドシップ
過去の天皇賞で ゴールドの名前がついた馬を探したら
2005年がありました。

なんかオカルト馬券で推理できないかと考えています。


第131回天皇賞(春)(G1)
芝右 外3200m / 天候 : 小雨 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

2005年5月1日 
着 枠 馬番 馬名     性齢 斤量 騎手  タイム 人気
 1  5 10 スズカマンボ 牡4 58 安藤勝己 3:16.5 13
 2  8 17 ビッグゴールド 牡7 58 和田竜二 3:16.7 14
 3  7 13 アイポッパー 牡5 58 藤田伸二 3:16.7  4


 スズカマンボ  前OP3、前々GⅢ2、3走前GⅠ6 サンデーサイレンス
 ビッグゴールド 前OP1、前々GⅡ1、3走前GⅢ9 ブライアンズタイム
 アイホッパー  前GⅡ2、前々OP1、3走前16001 サッカーボーイ 

オカルト馬券A 母父に注目
 ジャガーメイル 前GⅢ2、前々GⅠ2、3走前GⅠ10 母父サンデーサイレンス
 マカニビスティー前OP9、前々OP8、3走前OP12 母父ブライアンズタイム
 マイネルキッツ 前GⅡ5、前々OP5、3走前GⅡ7 母父サッカーボーイ


オカルト馬券B エアグルーヴに注目
 2013年4月23日死亡したエアグルーヴの息子 フォゲッタブルの
 近3走の1着馬の3頭を選択、この3連複

 ゴールドシップ  4歳前GⅡ1、前々GⅠ1、3走前GⅠ1 ステイゴールド
 デスペラード   5歳前GⅡ2、前々OP1、3走前GⅡ3 ネオユニバース 
 アドマイヤラクティ5歳前GⅢ1、前々GⅡ3、3走前GⅡ3 ハーツクライ

オカルト馬券C 4歳人気薄、6歳
 カポーティスター 4歳GⅡ2、前々GⅡ6、3走前GⅡ1 ハ-ツクライ
 ユウキソルジャー 4歳OP4、前々16006、3走前16006 トーセンダンス
 トウカイパラダイス6歳GⅡ4、前々GⅢ3、3走前GⅡ3 ゴールドアリュール


<天皇賞春2013予想オッズ>
 01 ゴールドシップ  1.6倍  黄金船
 02 フェノーメノ    4.6倍 怪物
 03 デスペラード   9.9倍  破れかぶれ
 04 アドマイヤラクティ 14倍 アドマイヤの海外の名馬の名
 05 ジャガーメイル   18倍  ジャガーのメイル
 06 トーセンラー  19倍  トーセンの神
 07 レッドデイヴィス 21倍  マイルス・デイビス
 08 オーシャンブルー 24倍   海青
 09 ムスカテール   26倍   銃士

後はわく順 確定後に再検討かな・・・
23:13:35 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
波乱の歴史と名馬の系譜が交錯する伝統の一戦!「第147回 天皇賞(春)」
2013 / 04 / 23 ( Tue )
JRAホームページから

1.前走「3着以内」馬が中心!

過去10年の3着以内馬30頭中延べ24頭は、前走で「3着以内」に入っていた。
・・・80%
一方、前走で「4着以下」に敗れていた馬は3着内率7.5%と苦戦している。
まずは前走の着順が良かった馬に注目すべきだろう。〔表1〕

〔表1〕 前走の着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 8-7-9-69 8.6% 16.1% 25.8%
4着以下 2-3-1-74 2.5% 6.3% 7.5%

なお、単勝5番人気以内の支持を集めて3着以内となった馬のうち、
前走で「4着以下」に敗れていたのは
2008年2着のメイショウサムソン(前走6着)だけだった。
上位人気馬同士を比較する際も、前走の着順に注目してみたい。〔表2〕

表2〕 単勝5番人気以内だった馬の、前走の着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 4-6-8-25 9.3% 23.3% 41.9%
4着以下 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
計 4-7-8-31 8.0% 22.0% 38.0%


2.若い馬が優勢!

年齢別成績をみると、「7歳」・「8歳以上」の馬は優勝例がなく、
「8歳以上」の馬は3着以内となった例もなかった。
一方、勝率と連対率がもっとも高かったのは「4歳」馬で、
3着内率がもっとも高かったのは「5歳」馬である。
比較的若い馬の方が信頼できるレースと言えそうだ。〔表3〕

〔表3〕 年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 5-3-3-44 9.1% 14.5% 20.0%
5歳 3-3-6-31 7.0% 14.0% 27.9%
6歳 2-2-1-28 6.1% 12.1% 15.2%
7歳 0-2-0-21 0% 8.7% 8.7%
8歳以上 0-0-0-19 0% 0% 0%

なお、単勝6番人気以下で3着以内となった馬のうち、
「6歳」だったのは2009年1着のマイネルキッツだけ、
「7歳」だったのは2005年2着のビッグゴールドだけだった。
前評判が低い馬を比較する際も、「4歳」や「5歳」の馬を
重視すべきだろう。〔表4〕

〔表4〕 単勝6番人気以下だった馬の、年齢別成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-1-1-29 8.8% 11.8% 14.7%
5歳 2-1-1-23 7.4% 11.1% 14.8%
6歳 1-0-0-22 4.3% 4.3% 4.3%
7歳 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
8歳以上 0-0-0-19 0% 0% 0%
計 6-3-2-112 4.9% 7.3% 8.9%

3.近年は3歳クラシック競走で好走経験のある馬が強い!

過去7年の3着以内馬21頭中延べ14頭は、JRAのGI・JpnI で
3着以内となった経験のある馬だった。
3連単145万2520円の大波乱決着となった昨年も、上位3頭は
いずれもこの条件を満たしていた。2005年以前はこの条件を
満たさない馬も健闘していたが、近年はJRAのビッグレース
で上位に食い込んだことのある馬が優勢だ。〔表5〕

〔表5〕JRAのGI・JpnI で3着以内となった経験の有無別成績(過去7年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 4-6-4-40 7.4% 18.5% 25.9%
なし 3-1-3-58 4.6% 6.2% 10.8%

ただし、JRAのGI・JpnI で3着以内となった経験があった馬のうち
クラシック競走(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)で3着以内となった
経験がなかった馬は3着内率13.0%とやや苦戦していた。
JRAのビッグレースで上位に食い込んだことがあっても、そのレース
がクラシック競走でなかった馬は過信禁物かもしれない。〔表6〕

〔表6〕JRAのGI・JpnI で3着以内となった経験があった馬の、
クラシック競走(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)で3着以内と
なった経験の有無別成績(過去7年)

経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 4-4-3-20 12.9% 25.8% 35.5%
なし 0-2-1-20 0% 8.7% 13.0%
計 4-6-4-40 7.4% 18.5% 25.9%

4.前走の条件をチェック!

過去7年の3着以内馬21頭中、2010年3着のメイショウドンタク
(前走・大阪-ハンブルクC)を除く20頭は前走で「JRAのGII」
に出走していた馬だった。なお、前走が「JRAのGI」だったのは
前年の天皇賞(秋)以来の出走だった2009年8着のポップロックだけ
である。2005年以前は前走でJRAのGII・JpnII 以外のレースに
出走していた馬も健闘していたが、近年の傾向を重視するなら、
前走がGII だった馬を重視すべきだろう。〔表7〕

〔表7〕 前走の条件別成績(過去7年)

前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
JRAのGI 0-0-0-1 0% 0% 0%
JRAのGII 7-7-6-69 7.9% 15.7% 22.5%
その他のレース 0-0-1-28 0% 0% 3.4%

5.内枠の伏兵馬に注意!

過去7年において単勝6番人気以下で3着以内となった6頭のうち
2007年2着のエリモエクスパイア(8枠)を除く5頭は「1枠」か
「2枠」の馬だった。昨年の天皇賞(春)を単勝14番人気で制した
ビートブラックも1枠1番の馬である。近年の傾向を重視するなら
内めの枠に入った中位~下位人気馬は軽視禁物だろう。〔表8〕

〔表8〕単勝6番人気以下だった馬の、枠番別成績(過去7年)

枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 3-0-1-7 27.3% 27.3% 36.4%
2枠 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
3枠 0-0-0-11 0% 0% 0%
4枠 0-0-0-11 0% 0% 0%
5枠 0-0-0-10 0% 0% 0%
6枠 0-0-0-8 0% 0% 0%
7枠 0-0-0-13 0% 0% 0%
8枠 0-1-0-10 0% 9.1% 9.1%
計 3-1-2-78 3.6% 4.8% 7.1%

6.長距離重賞を勝ち切っていない馬が有力!?

過去4年の優勝馬4頭は、いずれも芝2400m以上で行われたJRAの
重賞において連対経験のある馬だった。ただし、該当レースにおける
最高着順は4頭とも「2着」だ。一方、芝2400m以上で行われた
JRAの重賞において優勝経験があった馬は、過去4年で延べ39頭
いたもののすべて2着以下に敗れている。
長距離の重賞を勝ち切ったことがある馬よりも、善戦止まりだった
馬に注目すべきかもしれない。〔表9〕

(伊吹雅也)

〔表9〕優勝馬の、芝2400m以上のJRA重賞における最高着順(過去4年)

年度 馬名 最高着順
09年 マイネルキッツ 2着(09年日経賞)
10年 ジャガーメイル 2着(09年目黒記念ほか)
11年 ヒルノダムール 2着(11年日経新春杯)
12年 ビートブラック 2着(11年京都大賞典)

※ 該当レースが複数ある場合は、直近のものを掲載

レーティング上位馬 トップ2強と中間2強、残り14頭
4頭で3連単 4×3×2=24通り
 ゴールドシップ (4歳)  118
 フェノーメノ  (4歳)  117
 トーセンラー  (5歳)  115
 カポーティスター(4歳)  114


圧倒的にゴールドシップが強いと思います。
ゴールドシップの単勝
ゴールドシップから残り17頭への馬連 17通り
色気を出すと・・・

単純に3強で決まるとすると 3連単4点かも・・・
1ゴールドシップ、2フェノーメノ、 3トーセンラー
1フェノーメノ、 2ゴールドシップ 3トーセンラー
1フェノーメノ  2トーセンラー  3ゴールドシップ
1トーセンラー  2フェノーメノ  3ゴールドシップ
23:13:25 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第73回 皐月賞(GI)の結果
2013 / 04 / 16 ( Tue )
第73回 皐月賞(GI)の結果

1 07 ロゴタイプ   M.デムーロ 1:58.0 レコード 1
2 14 エピファネイア 福永祐一  1:58.1 1/2  2
3 12 コディーノ   横山典弘   1:58.3 1 1/4  3
4 15 カミノタサハラ 蛯名正義  1:58.5 1 1/4  4

人気どおりの決着でした。
注目したいたインパラトールは10着でした。

桜花賞の優勝馬と同じ父馬と母の父馬であり
騎手も同じだったので、これでいけるのではないか
と考えましたが、及ばずでした。

10着 2 インパラトール C.デムーロ

桜花賞の馬との違いは、オープンまでの経験しかなく
重賞の経験がなかったことがあげられます。
重賞出走経験は重要だと思いました。

JRAのデータ分析から、5着  5 タマモベストプレイと
16着  6 ミヤジタイガの二頭に注目していましたが
残念でした。

桜花賞との違いは馬場状態も違います。
雨で重い馬場だった桜花賞、快晴で軽い馬場だった皐月賞
雨の振るっときは、ハプニングが起こる可能性が高いのかも

来週に期待しようと思います。
21:10:48 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
阪神11R 桜花賞 競馬予想TVを参考に
2013 / 04 / 06 ( Sat )
4月6日(土)の20時フジテレビoneの競馬予想TVを見ました。
競馬予想TV!(けいばよそうティーヴィー)とはCS放送・
フジテレビONE並びにフジテレビの有料動画配信サービス
・フジテレビ On Demandで放送されている、中央競馬に
関するテレビ番組である。

司会
 見栄晴(タレント)、松本ヒロシ(競馬エイト)、
 井上早紀(アシスタント)

今週の予想家
 亀谷敬正(競馬ライター)(予想法/血統ビーム)
  「アウトサイダー予想家」
   本命:⑭レッドオーヴァル デープインパクト産駒2頭から選定
      他1頭は、⑦アユサン
   ※前走10Kg以上減の馬は3着以内なし。(小林)
   対抗:⑰コレクターアイテム ハーツクライ産駒   

 市丸博司(パソコンライター)(予想法/タイムフィルター指数)
  「電脳予想家」
   本命:⑭レッドオーヴァル
   対抗:⑬クロフネサプライズ
   
 井内利彰(競馬ライター)(予想法/調教チャート・調教マトリックス)
  「調教捜査官」
   本命:⑪サウンドアリーナ 
   対応:⑭レッドオーヴァル
 
 小林弘明(プロ馬券師)(予想法/小林式能力指数)
  「指数の達人」
   本命:⑱メイショウマンボ
   スズカマンボ産駒は1400巧者(亀谷)
   体重が減っている。ローテイションが厳しい(松本)
   対抗:⑬クロフネサプライズ

 高柳誠二(競馬予想家)(予想法/ファミリー'NO・高柳式スピード指数)
  「予想博士」
   本命:⑰コレクターアイテム
   オークスで本命になる馬(松本)
   対抗:⑤ウインプリメーラ


サキよみデータ
 予想家のバトル前にアシスタントが過去の重賞データから
 消し馬を選び、最終的に3~5頭に絞り込むコーナー
 選択されたのは、4頭 
  ⑤ウインプリメーラ  9人
  ⑦アユサン      8人
  ⑫トーセンソレイユ  3人
  ⑬クロフネサプライズ 1人
    選別の最後の条件は、前走アネモネSでした。
    削除該当する馬は
     ③クラウンロゼ    4人    
     ⑯ジーニマジック  12人  

 
 アシスタントの井上早紀の本命:⑫トーセンソレイユとのこと
 井上さんは、本命馬が外れていると思うので
 昨日のJRAデータ分析から選定した⑫トーセンソレイユから
 本命馬を変更して、⑦アユサンにしようと思ったのですが
 騎手変更があり、丸山騎手からC・デムーロへ変更
 騎手変更が影響したのか、人気が上がっています。

 (騎手・厩舎の関連)
 騎手:デムーロ兄弟
 ⑦アユサン     C・デムーロ 17.0 8人
 ⑭レッドオーヴァル M・デムーロ  5.1 2人
    
 騎手:武兄弟
 ⑬クロフネサプライズ 武豊    2.9  1人
 ⑱メイショウマンボ  武幸    9.0  5人

 厩舎:須貝厩舎の2頭
 ⑥ローブティサージュ 秋山   16.2  7人  
 ⑰コレクターアイテム 浜中   14.4  6人 

 父:ディープインパクト
 ⑦アユサン      c・デムーロ
 ⑭レッドオーヴァル  M・デムーロ
 
 母の父:アルザオ
 ⑫トーセンソレイユ  シュタルケ
 ⑯ジーニマジック   川田

 父、母の父が同じ馬から、人気が薄い2頭
 の馬券を購入しようと思います。
 ⑦アユサン      c・デムーロ 関東馬 チューリップ3
 ⑯ジーニマジック   川田     関東馬 アネモネ2

 大穴候補:前走チューリップ賞以外で1桁着順(1着除く)
 ⑧ティズトレメンダス  F3  38.0 7戦 10人 F:フィリーズ
 ⑩シーブリーズライフ  F5 110.1 7戦
 ⑪サウンドアリーナ   F7  81.9 6戦
 ⑮ナンシーシャイン   F2  75.3 7戦
 ⑯ジーニマジック    A2  52.4 6戦 12人 A:アネモネ
 ⑰コレクターアイテム  Q9  14.4 5戦 6人 Q:クイーンC
  ⑧、⑯、⑰の3頭で決まると大穴になるでしょう。

4月7日(日)阪神11レース
 第73回桜花賞 芝1600m
 ①ストークアンドレイ  146.7→148.4
 ②サマリーズ      188.7→81.4
 ③クラウンロゼ      5.8→8.8 3人→4人
 ④サンプルエミューズ  26.1→45.4 8人→11人
 ⑤ウインプリメーラ   30.1→33.2 9人→9人
 ⑥ローブティサージュ  42.0→16.2 10人→7人
 ⑦アユサン       22.4→17.0 7人→8人
 ⑧ティズトレメンダス  61.5→38.0  →10人
 ⑨プリンセスジャック  101.6→61.0
 ⑪サウンドアリーナ   264.1→81.9
 ⑫トーセンソレイユ    11.3→7.4 6人→3人
 ⑬クロフネサプライズ   2.7→2.9 1人→1人
 ⑭レッドオーヴァル    5.1→5.1 2人→2人
 ⑮ナンシーシャイン   293.4→75.3
 ⑯ジーニマジック    170.4→52.4  →12人
 ⑰コレクターアイテム  11.2→14.4 5人→6人
 ⑱メイショウマンボ    6.1→9.0 4人→5人
22:49:33 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桜のヒロインへ選び抜かれた牝馬が全力疾走!「第73回桜花賞」
2013 / 04 / 05 ( Fri )
JRAホームページのデータ分析から

前々走で3着以内だった馬が優勢!

まず、前々走の着順別に成績をチェックして行くと、前々走「3着」組
が勝率15.8%、連対率21.1%とトップの数値をマークし、3着内率では
3着馬8頭の「1着」組が27.1%でトップとなっている。
また、勝ち馬が“前々走で3着以内”だった馬からしか出ていない点は
覚えておいて損はなさそうだ。


前々走3着以内調査 前々走成績 判定E
 ①ストークアンドレイ  OP10 146.7
 ②サマリーズ      ダート1 188.7
 ③クラウンロゼ     GⅢ1   5.8 3人
 ④サンプルエミューズ  GⅢ3   26.1 8人
 ⑤ウインプリメーラ   OP2   30.1 9人
 ⑥ローブティサージュ  GⅠ1   42.0 10人

 ⑦アユサン       GⅠ7   22.4 7人
 ⑧ティズトレメンダス  500万1  61.5
 ⑨プリンセスジャック  GⅠ6  101.6
 ⑩シーブリーズライフ  OP1  196.5
 ⑪サウンドアリーナ   GⅠ17  264.1
 ⑫トーセンソレイユ   新馬1   11.3 6人
 ⑬クロフネサプライズ  GⅠ2   2.7 1人
 ⑭レッドオーヴァル   OP1   5.1 2人
 ⑮ナンシーシャイン   500万1  293.4
 ⑯ジーニマジック    GⅢ3  170.4

 ⑰コレクターアイテム  GⅠ4   11.2 5人
 ⑱メイショウマンボ   500万1   6.1 4人

1着があるのは、13頭、1着候補からなくなるのは5頭

 ②サマリーズ      ダート1
 ③クラウンロゼ     GⅢ1
 ④サンプルエミューズ  GⅢ3
 ⑤ウインプリメーラ   OP2
 ⑥ローブティサージュ  GⅠ1
 ⑧ティズトレメンダス  500万1
 ⑩シーブリーズライフ  OP1
 ⑫トーセンソレイユ   新馬1
 ⑬クロフネサプライズ  GⅠ2
 ⑭レッドオーヴァル   OP1
 ⑮ナンシーシャイン   500万1
 ⑯ジーニマジック    GⅢ3
 ⑱メイショウマンボ   500万1


近2走以内のマイル実績を見逃すな!

次に、近2走以内における芝1600mでの最高着順別成績をまとめると、
こちらも優勝馬10頭はいずれも「1~3着」のグループから出ている。
「4着以下」と「出走経験なし」の両グループからは3着以内馬7頭
を数えるものの、勝ち馬はゼロ。率の面でも最高着順「1着」組が
連対率20.8%、3着内率で32.1%と優秀な数値をマークしており、
近2走以内におけるマイル実績は注目に値するチェック項目と言えそうだ。


近2走 芝1600m 最高順位3着以内 判定D
 ②サマリーズ      なし
 ③クラウンロゼ     GⅢ1
 ④サンプルエミューズ  GⅢ3
 ⑤ウインプリメーラ   OP2
 ⑥ローブティサージュ  GⅠ1

 ⑧ティズトレメンダス  なし
 ⑩シーブリーズライフ  なし

 ⑫トーセンソレイユ   OP1
 ⑬クロフネサプライズ  GⅠ2

 ⑭レッドオーヴァル   なし
 ⑮ナンシーシャイン   なし

 ⑯ジーニマジック    OP2
 ⑱メイショウマンボ   500万1


1着候補8頭 はずれるのは5頭
 ③クラウンロゼ     GⅢ1
 ④サンプルエミューズ  GⅢ3
 ⑤ウインプリメーラ   OP2
 ⑥ローブティサージュ  GⅠ1
 ⑫トーセンソレイユ   OP1
 ⑬クロフネサプライズ  GⅠ2
 ⑯ジーニマジック    OP2
 ⑱メイショウマンボ   500万1


直近のマイルレースでの単勝人気に注目!

直近に出走した芝1600mのレースでの単勝人気別に成績をまとめると
さらに注目すべきデータが得られた。優勝馬10頭はいずれも直近に
出走した芝1600mのレースにおいて「1~2番人気」に支持されて
おり、「1番人気」・「2番人気」両グループとも好走率で他の
グループを大きく上回る数値をマークしている。
芝1600mの直近のレースにおいて「1~2番人気」に推されていた
馬は、このレースでも高く評価すべきだろう。


直近の1600mの人気 判定C
 ③クラウンロゼ     2人
 ④サンプルエミューズ  2人

 ⑤ウインプリメーラ   7人
 ⑥ローブティサージュ  2人
 ⑫トーセンソレイユ   2人
 ⑬クロフネサプライズ  3人
 ⑯ジーニマジック    3人
 ⑱メイショウマンボ   2人


1着候補7頭、外れるのは1頭
 ③クラウンロゼ     2人
 ④サンプルエミューズ  2人
 ⑥ローブティサージュ  2人
 ⑫トーセンソレイユ   2人
 ⑬クロフネサプライズ  3人
 ⑯ジーニマジック    3人
 ⑱メイショウマンボ   2人


4着以下に敗れたことの無い馬が大活躍!

各出走馬のデビューからの最低着順別成績を集計すると、
優勝馬10頭中9頭が「1~4着」のグループ、つまり5着以下に
敗れたことの無い馬だった。そのうち「1着」組(一度も敗れた
ことの無い馬)が連対率42.9%、3着内率57.1%、「2着」組
が連対率33.3%、3着内率40.0%、「3着」組も3着内率43.5%
をマークするなど、「4着以下」の各グループを大きく引き離す、
圧倒的な数値を記録していた。デビュー以来4着以下に敗れたこ
との無い安定感があれば、信頼度もグンとアップしてくるだろう。


最低着順 4は4着以下 判定B
 ③クラウンロゼ     1
 ④サンプルエミューズ  4
 ⑥ローブティサージュ  4

 ⑫トーセンソレイユ   1
 ⑬クロフネサプライズ  4
 ⑯ジーニマジック    4
 ⑱メイショウマンボ   4


1着候補2頭、はずれるのは5頭
 ③クラウンロゼ     1
 ⑫トーセンソレイユ   1


近3走で2勝以上している馬を探せ!

2009年以降の過去4年の優勝馬4頭は、全て近3走以内において
「2勝以上」を挙げていた。しかも、出走頭数で「1勝以下」が
48頭なのに対し、「2勝以上」は24頭と少数であった。
今年も近3走以内に「2勝以上」している馬には、大いに注目したいところだ。


1着候補2頭、近3走成績 判定A
 ③クラウンロゼ   3戦3勝 5.8 3人 アネモネ賞の最高順位3着
 ⑫トーセンソレイユ 2戦2勝 11.3 4人
 

1着候補1頭 ⑫トーセンソレイユ 2戦2勝 11.3 6人


馬券購入は

1)⑫トーセンソレイユを軸にして、1から4番人気への馬単(4通り)
   ⑬クロフネサプライズ  GⅠ2   2.7 1人 判定B
   ⑭レッドオーヴァル   OP1   5.1 2人 判定D
   ③クラウンロゼ     GⅢ1   5.8 3人 判定A
   ⑱メイショウマンボ   500万1   6.1 4人 判定B

2)3走前の1着馬でグレード上位から
  1着 ⑥ローブティサージュ GⅠ1 42.0 10人 判定B
  2着 ⑰コレクターアイテム 重賞1 11.2 5人 判定E
  3着 ③クラウンロゼ    新場1  5.8 3人 判定A
  
3)チューリップ賞人気順
  1着 ⑭レッドオーヴァル   1人 7着  5.1 2人 判定D
  2着 ⑥ローブティサージュ 2人 9着 42.0 10人 判定B
  3着 ⑬クロフネサプライズ  3人 1着  2.7 1人 判定B


22:42:40 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
競馬のツボⅢ 予想の精度を上げる方法論
2011 / 05 / 07 ( Sat )
安東 裕章 著

表紙
 ・競馬予想に必要な3つの力
 ・馬券効力法と上手につき合う方法
 ・コース実績の優劣と”買い・消し”の判断基準
 ・勝敗のカギを握る 仕掛けポイントと溜めのポイント
 ・内適性、外適性を左右する 枠順・頭数・馬場状態
 ・距離変更の逆説的セオリー
 ・距離短縮が目標のレースにもたらす効果
 ・クラスが上がるほど重視される”格”と”実績”
 ・「勝負付け」の判断は誤った先入観
 ・クラシック・最後の一冠と出走レース数の相関性
 ・厩舎コメントから読み取る ローテイションの崩れ方と立て直し方
 ・騎手の勝負モードを高める”お手馬戻り”
 ・テン乗りのポイントは”騎手”ではなく”馬”
 ・展開予想とレース決着の基本パターン
 ・逃げ残りと逃げ潰れを見分ける3つの要素
 ・レースの中心馬は取捨選択の基準馬
 ・競馬の上達が意味するもの<サンプル付>
---------------------------

競馬のツボ〈3〉予想の精度を上げる方法論競馬のツボ〈3〉予想の精度を上げる方法論
(2009/07)
安東 裕章

商品詳細を見る


------------------------------------
本の最初に書いてあるものを参考に、明日のNHKマイルカップを検討する。

3つの力 
 ・分析力 馬柱表から情報を読み取る力
    NHKマイル・・・・前前日発売   事前JRA評価 プレ
        1)13 グランプリボス    1  107 NZT3
        2)09 ヘニーハウンド    4  104 ファルコン1
        3)17 コンティリオン    7  105 毎日杯2
        4)04 エーシンジャッカル  3  105 NZT2

          03 エイシンオスマン   2  108 皐月賞8
          01 リアルインパクト   5   -  NZT11
          10 フォーエバーマーク  6  102 桜花賞5
          07 クリアンサス     7  100 マーガレット1
          15 ロビンフッド     8  102 NZT5
          02 リキサンマックス   9  107 NZT9
          残り 9頭
          08 プレイ           109 皐月賞9

 ・推理力 そのレースの条件において最も能力を発揮できる馬を見つける
     人気場負ける要素、穴馬の変わる要素を見つけること。
   13 グランプリボス  
     1)人気の理由は何か 
       重賞2勝 朝日杯SF 京王杯2歳
  
     2)出走の理由
       皐月賞回避でNHKマイルに(皐月賞では距離が長い)
       ここで勝てないと他の大きなレースに勝てない。
        ⇒厩舎は勝負気配と判断

     3)前走の勝因と敗因 
       前走3着 18枠4番 1人気 

 ・記憶力
   スタート後の位置取りなど馬柱表にない情報  
   1番人気 13 グランプリボス 
      過去2戦折り合いに苦しみ、直線で伸びを欠く、信頼性に乏しい。
   皐月賞経由 3 エイシンオスマン、8 プレイ
      過去10年で勝利した馬なし、今年は中1週の変則日程
   NZTのレースタイムが平凡
        1)13 グランプリボス    1  107 NZT3
        4)04 エーシンジャッカル  3  105 NZT2
          03 エイシンオスマン   2  108 皐月賞8
          01 リアルインパクト   5   -  NZT11
          15 ロビンフッド     8  102 NZT5
          02 リキサンマックス   9  107 NZT9
          残り 9頭
          08 プレイ           109 皐月賞9

   毎日杯勝ち馬 レッドディヴィスは、去勢馬のため出走できない。
   レッドディヴィスは皐月賞馬、桜花賞馬をシンザン記念で破っている。
   事実上の世代最強馬⇒本命:毎日杯2着馬:17 コンティリオンとなる。

   中心馬 17 コンティリオン プレレーティング105
   相手馬はJRAプレレーティング上位5頭(105-109)

   能力値の高い 02.03,04,08,13への5点勝負
   となりますか?
   
   購入馬券は、17⇔02,03,04,08,13
   馬単 10通り

   結果を楽しみにしています。
---------------------------------

(結果)13⇒17⇒01(1番人気⇒2番人気⇒4番人気)
    当たりました。半年振りのあたりで凄くうれしいです。
    馬単13⇒17(2160円 一番人気)でした。
    100円x10通り、千円の投資で、2160円 差額1160円
    次は3連単を当てます。

   1 13 グランプリボス   購入対象
   2 17 コティリオン    購入対象
   3 01 リアルインパクト  
   4 03 エイシンオスマン  購入対象
   5 08 プレイ       購入対象

   18 02 リキサンマックス  購入対象
   9 04 エーシンジャッカル 購入対象

   但し、1着はないと考えた一番人気 13 グランプリボスが来たのと
  購入対象外の 17 リアルインパクト が3着だったのは残念でした。
  馬単のマルチにしておいて、良かったです。馬単のみでしたら外れでした。
  次は、3着ともすべて当てたいと考えています。            
11:38:55 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日刊スポーツで獲る!!
2011 / 05 / 03 ( Tue )
土屋 哲郎 著

表紙
 PART1 日刊スポーツ1紙で勝つ馬券予想術
 PART2 ケリーの公式で勝つ馬券投資術
 PART3 ケーススタディ(2007~2008年GⅠレースをふり返る)

日刊スポーツで獲る!!日刊スポーツで獲る!!
(2008/12)
土屋 哲郎

商品詳細を見る
18:28:20 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。